【選抜直前】由利工、惜しくも興南に7-6でサヨナラ負け:練習試合結果(2018/3/13)

【選抜直前】由利工、惜しくも興南に7-6でサヨナラ負け:練習試合結果(2018/3/13)

21世紀枠で初出場する由利工(秋田)が、3月13日に沖縄県内で興南高校と練習試合を行った。試合は興南に7×-6で惜しくもサヨナラ負けしたが、センバツに向けて調子を上げてきた模様だ。ちなみに興南は、3月12日に選抜優勝候補の呼び声高い大阪桐蔭も3-2で破っている。

由利工のエース右腕・佐藤亜蓮

佐藤は、“脱力”投法を身に着けた。最速142キロを誇る本格派右腕だが、佐藤亜は「(昨秋は)力を入れないと球がいかなかった」と吐露。オリックス・金子千尋投手(34)を参考に何度も動画を見て、以前より左足をゆっくり振り上げるなど、無駄な力を入れないことを意識した。投球フォームが固まると、課題だった制球力も向上。体幹や下半身の強化も実り、「内角も外角も決めきれるようになった」と胸を張った。

佐藤亜蓮のプロフィール

さとう・あれん
2001年2月8日、秋田・由利本荘市生まれ。
小3で野球を始め、大内中では軟式野球部に所属。
由利工では1年春からベンチ入り、1年秋から背番号1。
174センチ、78キロ。右投右打。
血液型O。

【スポンサードリンク】