【試合速報・結果】龍谷大平安 2-0津田学園(延長11回) センバツ高校野球2019/見どころ・注目選手【甲子園】

龍谷大平安vs津田学園 センバツ高校野球2019

<3月25日・試合結果>
津田学園0-2龍谷大平安(延長11回)
平安000 000 000 02=2
津田000 000 000 00=0
【津】前 【平】野沢

龍谷大平安が津田学園を破り、京都勢の春夏通算甲子園200勝を達成。

龍谷大平安の左腕・野沢秀伍、津田学園の右腕・前佑囲斗の投手戦は、延長11回に決着。龍谷大平安はランナーを2塁に置いた場面で、4番の水谷主将が敬遠。続くバッター奥村真大(2年)が二塁打を放ち、勝ち越した。

津田学園の強力打線を龍谷大平安の野沢が4安打完封。

【第3日 3月25日(月)】
龍谷大平安 2-0 津田学園 11回 (結果)
石岡一 2-3x 盛岡大付 11回 (結果)
札幌第一 5-24 山梨学院 (結果)
※開門時間:8時 第1試合 18,000人



試合の見どころ

近畿大会王者で総合力が高く、優勝候補に上がる龍谷大平安に、大会注目のエース前佑囲斗を擁し強打を誇る津田学園が挑む構図。

龍谷大平安の野澤秀伍・豊田祐輔のダブル左腕が、津田学園打線にどのようなピッチングを見せるかが試合のポイントになりそうだ。

津田学園の打線では、4番の前川夏輝がキーマン。東海大会では3試合連続本塁打、チーム最多16打点と攻撃の柱となる。

津田学園のエース前佑囲斗と龍谷大打線の対戦も楽しみだ。前は、183センチの長身から最速148キロを誇るプロ注目の右腕。

龍谷大平安の打線の注目は、水谷祥平主将(背番号9)。秋は、打率.447、チーム最多の13打点を誇る。また、新2年で甲子園一族に生まれた奥村真大は、勝負強い打撃が魅力。親子兄弟での本塁打記録にも注目が集まる。




【津田学園チーム特徴】

▷甲子園ベンチ入りメンバー

【主な成績】
・三重大会3位、東海大会準優勝

【チームデータ】
・部員:52人(マネ3)
・10勝3敗
・[率].339[本]6[防]2.34[盗]13
・スポーツ紙評価:B・B・B
 (日刊・スポニチ・サンスポ)

【投手力】
・注目投手は、183センチで最速148キロを誇るエース前佑囲斗。兄も津田学園
・奪三振率は10.50で7位、与四死球率は1.71で7位と上位成績
・課題は13試合で16失策の守備、内野にコンバートされた選手が多ったのが要因

【打撃力】
・打率.339は出場チーム中9番目
・打撃の軸は4番・前川夏輝。東海大会では3試合連続本塁打、チーム最多16打点

【トピックス】
・エース前佑囲斗は「モデルのような顔、しょっちゅう女子の話題になっている」とチーム評
・チームの元気印は背番号13 岩本太一。甲子園練習中、もっとも叫びチームを鼓舞。



【龍谷大平安チーム特徴】

▷甲子園ベンチ入りメンバー

【主な成績】
・京都府大会3位、近畿大会優勝
・明治神宮大会初戦敗退、優勝した札幌大谷に5-6で敗れた。

【チームデータ】
・部員数:63人(マネ2)
・8勝2敗[率].320[本]4[防]3.29[盗]20
・スポーツ紙評価:A・A・A
 (日刊・スポニチ・サンスポ)

【投手力】
・ダブル左腕エースがチームの柱。秋に背番号11の野澤秀伍はセンバツでは1、秋に背番号1の豊田祐輔は背番号10に変更。130キロ台と球速はないが、変化球などのキレがある。
・課題は守備、秋公式戦は10試合で14失格。秋以降守備練習を強化。

【打撃力】
・チームの柱は水谷祥平主将(背番号9)。打率.447、秋はチーム最多の13打点。ニックネームは「ぎょうざ」だという。

【トピックス】
・原田監督のチーム評価「技術はないが、元気、負けん気がある」と評する。
・キーマンの奥村真大(2年)は、祖父・父・兄が甲子園出場。兄はヤクルトの奥村展征。甲子園一族。
・背番号4 北村涼 「学校ですれ違うと女子から北村君や!と言われています」と仲間。
・エース野澤は「まゆ毛が下がっていて目が細い」ことから、原田監督からは「おじいちゃん」とも呼ばれ、またチームメイトからは「じじぃ」というニックネームで親しまれているという。

【センバツ特集記事一覧】
▷センバツ組み合わせ日程・結果
▷優勝候補予想ランキング
▷ドラフト候補・注目選手リスト
▷防御率・打率・本塁打数ランキング
▷野球部員数ランキング
▷全ベンチ入りメンバー(出身中学)
▷チケット情報(当日券・開門時間)

スポンサー リンク