【試合速報・結果】智弁和歌山 13-2 熊本西 センバツ高校野球2019/見どころ・注目選手【甲子園】

智弁和歌山vs熊本西 センバツ高校野球2019

智弁和歌山13-2熊本西(終了)
智弁004 702 000=13
熊西010 010 000=2
【智】池田陽、池田泰、山本、小林樹
【熊】霜上、中山、霜上
【本】東妻

21世紀枠・熊本西の先発・霜上幸太郎(主将)が、序盤、変化球を巧みに散らして、智弁和歌山打線を抑え込む。しかし、その後は、チーム打率が出場校中2位の3割8分3厘を誇る智弁和歌山打線がその強さを示した。4回、智弁和歌山は打者11人を送り込み7安打で7点を奪い、試合を決めた。ドラフト候補の4番・東妻純平がスリーランを放つ活躍を見せた。

【第6日 3月28日(木)】
智弁和歌山 13-2 熊本西 (結果)
高松商 2-6 市和歌山 (結果)
習志野 3-1 星稜 (結果)
※第2試合から2回戦
※開門時間:8時予定(=当日券発売)



試合のみどころ

強打を誇る智弁和歌山に21世紀枠・熊本西が挑む構図。

熊本西の横手監督は、初戦の対戦カードが決定した後、「智弁和歌山との対戦に“やった、やった。よく引いた”と喜んでいる。のんきなもんですよ笑。99%の予想を覆す0・001%の可能性がある限り、準備します」とコメント。

強打の智弁和歌山のキーマンは主将の黒川捕手の東妻だ。直前の練習試合では、本塁打を量産しており、照準。チームとしても打率.383は出場チーム中2番目の高さ、平均得点7.67点も6位と、その打撃力は健在だ。

智弁和歌山の投手陣の成長にも注目。投手力がアップすれば、一気に頂点まで駆け上がる力を持っている。

熊本西も打撃面で力がある。チーム打率.343は、出場校中8番目の上位成績を誇る

熊本西はアルプスの大応援団を背に、秋に課題とされてきた智弁和歌山の投手陣を打ち崩せるかが、試合のポイントの一つとなりそうだ。



【熊本西チーム特徴】

▷甲子園ベンチ入りメンバー

【主な成績】
・21世紀枠
・熊本大会優勝、九州大会ベスト8
・部員全員が地元中学の軟式野球部出身。

【チームデータ】
・部員数:44人(5)
・6勝2敗
・[率].343[本]1[防]4.00[盗]11
・スポーツ紙評価: C・C・C
 (日刊・スポニチ・サンスポ)

【投手力】
・投打の柱はエース霜上幸太郎主将。秋全8試合に先発、5試合で完投。防御率.359。最速は130キロ前半のストレートと変化球で緩急をつける。好きな芸能人は「みやぞん」

【打撃力】
・打率.343は出場校中8番目の上位成績

【トピックス】
・文武両道を掲げ、毎年約30人が国公立大学に進学。
チームは「13班」で構成。「天気掌握班」「ネット管理班」など
・捕手の伊藤惇太郎は、理系の特進クラスに在籍するチームの頭脳派



【智弁和歌山チーム特徴】

▷甲子園ベンチ入りメンバー

【主な成績】
・和歌山大会優勝、近畿大会ベスト4
・近畿大会準々決勝で、因縁の対戦相手・大阪桐蔭を5-2で下し選抜切符

【チームデータ】
・部員:24人(マネ0)
・5勝1敗
・[率].383[本]4[防]4.70[盗]4
・スポーツ紙評価:B・B・B
 (日刊・スポニチ・サンスポ)

【打撃力】
打率.383は出場チーム中2番目の高さ、平均得点7.67点も6位と打撃力は健在。
黒川史陽東妻純平はドラフト候補。センバツ直前の練習試合では本塁打を連発し、黒川は高校通算19本、東妻は高校通算20本に伸ばしている。(3月13日時点)
黒川主将は、3月8日以降の練習試合(10試合)で7本塁打と絶好調。

【投手力】
・秋に課題とされた投手陣は、主に4人。
 柱はエース右腕・池田陽佑。2018春センバツで3試合に登板、経験もある。
・守備も堅い。1試合平均エラー数は0.67と7位。

【トピックス】
3、2年生合わせて24人の少数精鋭
・東妻はクラスで1番の学力を誇り、また「東妻好きー!という女子が多い」とのチーム評。
・智弁和歌山の上原佑斗と市立和歌山の上原拓海は兄弟だ。

【センバツ特集記事一覧】
▷センバツ組み合わせ日程・結果
▷優勝候補予想ランキング
▷ドラフト候補・注目選手リスト
▷防御率・打率・本塁打数ランキング
▷野球部員数ランキング
▷全ベンチ入りメンバー(出身中学)
▷チケット情報(当日券・開門時間)

スポンサー リンク