【正式発表】巨人が大阪桐蔭・根尾昂をドラフト1位指名を明言、二刀流容認へ

巨人が根尾昂をドラフト1位指名発表

▷根尾と西谷監督の出会い(過去ストーリー)

10月24日、巨人が1位指名を公表

12球団で最も早く根尾昂をドラフト1位指名を公表した中日ドラゴンズに加えて、10月23日にはヤクルトスワローズがドラフト1位指名を公表している。

ほかにも野手の1位指名を明言している楽天や、日本ハム、阪神、ソフトバンク、オリックスも1位の有力候補に挙げており、最大8球団の重複指名は避けられない状況となっている。

「スポンサーリンク」

巨人 長谷川国利スカウト部長のコメント

「全員の総意で決定した。ここまで話が一つになったので、われわれも堂々といく」

「1位は根尾で行きます。監督を含めて映像を全員で確認して頂いて、1位は何があっても根尾君と決めた」

「基本的にはショートですが、本人が投手をやりたいということなら、彼の意向に沿うと監督も言っていた」

と話した。抽選の際は原新監督がくじを引く。

巨人は、根尾の身体能力に加え、リーダーシップを高く評価。主将の坂本勇の後継者として遊撃手で起用する方針だが、本人の意向があれば投手や二刀流として育成する可能性もあるという。 

「スポンサーリンク」

ドラフト直前・根尾の談話|10月24日

24日に巨人が1位指名することを公表したことについて、

根尾は「そうなんですか!」と驚き「光栄です」と語った。当初は「二刀流」を希望していたが、この日は「ショートでいきたい気持ちが強い。球団がどう評価していただいているのかも大事。完璧な選手を求めていきたい」とコメント。

「人生の中でもかなり大事な一日になる」と心境を語った。

他球団では、すでに中日ドラゴンズは「地元のスター」として根尾昂をドラフト1位指名することを最速で公言。森監督は「一番うちに必要な選手。早々と宣言させていただいた」とコメントしている。

「スポンサーリンク」

巨人、根尾昂への期待

大阪桐蔭の根尾昂は、投げては最速ストレートが150キロ。打っては、18夏の甲子園6試合で6試合で打率4割2分9厘、3本塁打5打点。高校通算本塁打は32本。U18アジア選手権では、「木製バット」でサイクル安打を達成するなど、まさに大舞台でそのスター性を発揮する存在だ。

巨人のドラフト補強ポイント

これまで、巨人は、先発投手の補強を課題に挙げていた。その中で、夏の甲子園で輝きを放った金足農業の吉田輝星投手にも注目。甲子園終了後、吉田からは「巨人が好きです」との発言があるなど、金足農の吉田に対する巨人の動向が注目されていた。

「スポンサーリンク」

過去|巨人のドラフト1位指名選手

巨人ドラフト指名選手2017(平成29)

1位 鍬原拓也
2位 岸田行倫
3位 大城卓三
4位 北村拓己
5位 田中俊太
6位 若林晃弘
7位 村上海斗
8位 湯浅大

巨人ドラフト指名選手2016

1位 吉川尚輝
2位 畠世周
3位 谷岡竜平
4位 池田駿
5位 高田萌生
6位 大江竜聖
7位 廖任磊

「スポンサーリンク」

巨人ドラフト指名選手2015

1位 桜井俊貴
2位 重信慎之介
3位 与那原大剛
4位 宇佐見真吾
5位 山本泰寛
6位 巽大介
7位 中川皓太
8位 松崎啄也

巨人ドラフト指名選手2014

1位 岡本和真
2位 戸根千明
3位 高木勇人
4位 田中大輝

「スポンサーリンク」

巨人ドラフト指名選手2013年

1位 小林誠司
2位 和田恋
3位 田口麗斗
4位 奥村展征
5位 平良拳太郎

巨人ドラフト指名選手2012年

1位 菅野智之
2位 大累進
3位 辻東倫
4位 公文克彦
5位 坂口真規

スポンサー リンク