【不祥事】青藍泰斗野球部が寮内で飲酒、自宅謹慎など/2020年12月

【不祥事】青藍泰斗野球部が寮内で飲酒、自宅謹慎など/2020年12月

栃木県の強豪・青藍泰斗の硬式野球部の1、2年生部員5人が、2020年12月8日、寮内で飲酒していたことが発覚した。高校側は県高野連に報告し、12月10日から5人を自宅謹慎とした。

野球部は12月10日から練習を中止し、12月23日から寮を一時閉鎖。今後、日本高野連で処分が検討されれる。

寮には、野球部員約30人が生活。飲酒した5人はいずれも寮生で、3人が12月8日にコンビニで缶チューハイ5本を購入し、夜に集まって飲んだという。教諭が12月10日、室内から空き缶を見つけて発覚した。

これまで野球部では、2019年に監督が部員に体罰を行ったとして4カ月間の謹慎処分を受け、部長とともに辞任している。

※これまでの高校野球不祥事一覧