【背番号】ソフトバンク新入団選手2018の背番号一覧決定、早実・野村大樹は55に

ソフトバンク新入団選手の背番号決定

ソフトバンクホークスの新入団選手発表会が12月6日に行われ、ドラフト指名選手の背番号が決定した。

ドラフト1位指名された東洋大学・甲斐野央=背番号20、ドラフト3位の早稲田実業・野村大樹=背番号55となった。詳細は以下の通り。

新入団選手の背番号一覧

ドラフト1位
東洋大・甲斐野央投手(東洋大学=22)
「目標は新人王です。いち早くチームの一員となれるように全力で頑張っていきます」
背番号20

ドラフト2位
杉山一樹投手(20=三菱重工広島)
「息の長い選手を目指して頑張りたい」
(背番号40)

ドラフト3位
野村大樹内野手(18=早実)
「将来的には打点王を取れるように頑張っていきたい」
(背番号55)

ドラフト4位
板東湧梧投手(22=JR東日本)
「摂津さんの背番号を引き継いだので、しっかりやっていきたい。目標は2ケタ勝利」
(背番号50)

ドラフト5位
水谷瞬外野手(17=石見智翠館)
「目標はホームラン王。足も自信があるので見てもらいたい」
(背番号59)

ドラフト6位
泉圭輔投手(21=金沢星陵大)
「目標は先発ローテーションに入ること。身長を生かした角度のある直球が武器」
(背番号53)

ドラフト7位
奥村政稔投手(26=三菱日立パワーシステムズ)
「1軍で30試合に登板、防御率2点台を目指して頑張りたい」
(背番号61)

育成ドラフト1位
渡辺陸捕手(18=神村学園)
「将来はゴールデングラブ賞を取りたい」
(背番号132)

育成ドラフト2位
岡本直也投手(22=東農大北海道オホーツク)
「目標は信頼される選手になることです」
(背番号133)

育成ドラフト3位
重田倫明投手(22=国士舘大)
「魅力があり、信頼される投手になりたい」
(背番号138)

育成ドラフト4位
中村宜聖(18=西日本短大付)
「将来的は目標は首位打者になることです」
(背番号142)

スポンサー リンク