【選手紹介】大阪桐蔭・青木大地、「大地のように大きな心を持った人間に」と命名

大阪桐蔭・青木大地、「大地のように大きな心を持った人間に」と命名

名前は「大地のように大きな心を持った人間に」との願いを込めて名付けられた。

肩の強さや打撃力に定評があり、外野手を任せられることも多い。元々は右打ちだったが、5歳の時、元阪神タイガースの赤星憲広さんの打ち方をまねているうちに「いつの間にか自然と左打ちになっていた」という。

昨年のセンバツでは、アルプススタンドから優勝をつかんだチームを見届けた。喜びの一方で、「自分も、選手として優勝の瞬間を迎えたかった」と悔しさもあった。それから1年、課題だった打撃力を向上し、選抜ではメンバー入りを果たした。

「スポンサーリンク」

大阪桐蔭・青木大地のプロフィール

木津川市立木津第二中学出身
郡山シニアでは、長打力抜群の大型捕手・4番。
得意な教科は日本史、苦手は英語
好きな食べ物はハンバーグ
趣味は音楽を聴くこと
好きな球団・選手は、西武と浅村栄斗

スポンサー リンク