【事件】朝日大学 現役野球部メンバー2人と元部員2人がホームレス殺人容疑で逮捕、部は無期限活動停止/2020年不祥事

朝日大学野球部メンバー2人がホームレス殺害容疑で逮捕、無期限活動停止/2020年

<最新:5/15>岐阜地検は5月15日、殺人容疑で逮捕された3人のうち、事件当時19歳だった無職の男(20)を傷害致死罪で起訴し、19歳の少年2人を傷害致死容疑で岐阜家裁に送致。傷害致死容疑で逮捕された朝日大(同県瑞穂市)の19歳の男子大学生2人は不起訴処分とした。

2020年3月25日に岐阜県岐阜市で起きたホームレス男性殺害事件は、岐阜県にある朝日大学の元野球部員2名(殺人容疑)現役の野球部員2名(傷害致死容疑)ら、合計5人が関与していたことが明らかになった。

この事件では、岐阜市で3月、路上生活者(ホームレス)の渡辺哲哉さん(当時81)が殺害され、いずれも19歳の少年5人が殺人や傷害致死容疑で逮捕された。

警察は計画的に襲撃に及んだとみて調べるとともに、渡邉さんが先月、「複数の若者に石を投げられた」と、警察に4回にわたって相談していたため、関連を調べている。




渡辺さんと女性(68)は、約20年前から現場近くの橋の下で生活。2人は3月25日未明に橋の下にいた際、5人に襲われたという。

女性によると、少年らは「くそ」「ばか」と言い、2人に石を投げた。女性は渡辺さんから「早く行け」と促されて先に逃げたが、女性が途中で振り返ると渡辺さんが倒れていたという。

その後、5人は逃走し、女性の110番で、警察官が駆け付けた。渡辺さんは搬送先の病院で約6時間後に死亡が確認された。

この事態を受け、朝日大学は4月24日夜、2名が所属していた硬式野球部の無期限活動停止を決めたと発表。野球部の藤田明宏監督はこの日に辞任届を提出し、学長は受理した。

また、大学は2名を自宅謹慎としている。朝日大学は教員らでつくる調査委員会を設置。事実確認を進め、今後、懲戒処分を検討する。



朝日大学および野球部につて

野球部は、東海地区大学野球連盟に所属。過去5度の全国大会出場実績がある実力校。県岐阜商を09年夏の甲子園で45年ぶりに4強に導くなど、5回の甲子園出場実績を持つ藤田明宏氏が2015年から監督を務めていた。

<大学概要>岐阜県瑞穂市にある、1971年(昭46)開学の私立大。法学部、経営学部、保健医療学部、歯学部の4学部がある。野球部は、全国大会は大学選手権3回、明治神宮大会2回の出場経験があり、岐阜県リーグでは10度の優勝実績がある。主なOBに元西武の山田潤、元巨人の松澤裕介ら。



朝日大学が発表したコメント

スポンサー リンク