【注目選手】智辯和歌山・綾原創太 顔面強打で骨折も復活/セカンド好守・好打の逸材

智辯和歌山・綾原創太 顔面強打で骨折も復活/セカンド好守・好打の逸材

2020年甲子園交流試合に出場する智辯和歌山。下級生時代から内野を任されるのが、綾原創太(3年)だ。

2019年秋季近畿大会・智辯学園戦で、ワンバウンドの打球を右目下に受けて、救急車で搬送された。

右目周りを5カ所骨折していたといい、11月には手術をうけ、約2週間の入院。その後、12月から練習再開した。救急車では、眼球破裂の恐れが示唆されたが、今は右目の視力が0.7まで回復しているという。

その持ち前の好守・巧打を、聖地甲子園の舞台で魅せる。



綾原創太(智辯和歌山)プロフィール・出身・経歴

読み方:あやはらそうた
誕生日:2002年7月17日
50mタイム:6.3秒
出身中学:和歌山市立貴志中学校
所属チーム:紀州ボーイズ
趣味:音楽鑑賞
好きな野球選手:浅村栄斗
好きな球団:西武
将来の夢:プロ野球選手
好きな食べ物:ウニ
苦手な食べ物:きゅうり
好きなタレント:TWICEサナ
ニックネーム:L
秋の打率:.323
秋の本塁打:0

スポンサー リンク