【第100回】夏の甲子園2018出場校一覧|全56代表校を大特集(部員数・出場回数・打率・本塁打数など)

第100回 夏の甲子園出場校一覧

出場校に関する情報(出場回数・部員数・打率など)は以下のとおり。


「スポンサーリンク」

優勝候補の筆頭は大阪桐蔭、横浜・星稜・創成館・智弁和歌山も

優勝候補は、大阪桐蔭が筆頭。20年ぶりの優勝を目指す伝統・横浜高校。また、龍谷大平安、浦和学院なども力がある。

大阪桐蔭、春夏連覇を目指す黄金世代

圧倒的な「強さ」を誇る大阪桐蔭が夏の甲子園でも主役になりそうだ。ドラフト1位候補の根尾(ショート・投手)、藤原恭大(激走する4番)、さらにはエース柿木蓮、昨年仙台育英戦でベースを踏み損ね涙をのんだ主将・中川卓也、攻守の要である山田健太などスター集団は、第100回大会の優勝候補筆頭だ。

▷大阪桐蔭ベンチ入りメンバー一覧

「スポンサーリンク」

8月5日(日)第1日 開門時間6時

  • 開門時間は7時から6時に1時間前倒し
  • 7時40分に満員通知

9:00 開会式
10:30 第1試合
藤蔭(大分)  4-9  星稜(石川)
13:00 第2試合
済美(愛媛) 5-4 中央学院(西千葉)
15:30 第3試合
慶応(北神奈川) 3x-2 中越(新潟)

8月6日(月)第2日 開門7時

8:00 第1試合
山梨学院(山梨) 12-14 高知商(高知)
10:30 第2試合
作新学院(栃木) 1-3 大阪桐蔭(北大阪)
13:00 第3試合
北照(南北海道) 2-4 沖学園(南福岡)
15:30 第4試合
旭川大(北北海道) 4-5 佐久長聖(長野)

8月7日(火)第3日 開門7時

8:00 第1試合
佐賀商(佐賀)1-4 高岡商(富山)
10:30 第2試合
智弁和歌山(和歌山) 3-7 近江(滋賀)
13:00 第3試合
前橋育英(群馬) 2-0 近大付(南大阪)
15:30 第4試合
益田東(島根) 7-8 常葉大菊川(静岡)

「スポンサーリンク」

8月8日(水)第4日 開門7時

8:00 第1試合
日南学園(宮崎)2-0丸亀城西(香川)
10:30 第2試合
金足農(秋田) 5-1 鹿児島実(鹿児島)
13:00 第3試合
大垣日大(岐阜) 9-3 東海大星翔(熊本)
15:30 第4試合
花咲徳栄(北埼玉) 8-5 鳴門(徳島)

8月9日(木)第5日 開門7時

8:00 第1試合
横浜(南神奈川) 7-0 愛産大三河(東愛知)
10:30 第2試合
花巻東(岩手)2-4下関国際(山口)
13:00 第3試合
創志学園(岡山) 7-0 創成館(長崎)
15:30 第4試合
興南(沖縄) 6-2 土浦日大(茨城)

「スポンサーリンク」

8月10日(金)第6日 開門8時

9:30 第1試合
敦賀気比(福井) 1-10 木更津総合(東千葉)
12:00 第2試合
日大三(西東京) 16-3 折尾愛真(北福岡)
14:30 第3試合
羽黒(山形) 1-4 奈良大付(奈良)

8月11日(土)第7日 開門6時20分

8:00 第1試合
龍谷大平安(京都) 3x-2鳥取城北(鳥取)
10:30 第2試合
明石商(西兵庫) 8-9(延長10回)八戸学院光星(青森)
13:00 第3試合
報徳学園(東兵庫) 3-2 聖光学院(福島)
15:30 第4試合
白山(三重) 0-10 愛工大名電(西愛知)

「スポンサーリンク」

8月12日(日)第8日 開門6時20分(外野は5時50分)

8:00 第1試合
二松学舎大付(東東京)  5-2 広陵(広島)
10:30 第2試合
浦和学院(南埼玉) 9-0 仙台育英(宮城)
13:00 第3試合(2回戦)
星稜 11-13x 済美
15:30 第4試合(2回戦)
慶応 6-12 高知商

8月13日(月)第9日 開門6時20分(外野は5時50分)

9:30 第1試合(2回戦)
大阪桐蔭 10-4 沖学園
12:00 第2試合(2回戦)
佐久長聖 4-5 高岡商
14:30 第3試合(2回戦)
近江 4x-3 前橋育英

8月14日(火)第10日 開門6時20分(外野は5時50分)

9:30 第1試合(2回戦)
常葉大菊川 3-0 日南学園
12:00 第2試合(2回戦)
金足農 6-3 大垣日大
14:30 第3試合(2回戦)
花咲徳栄 6-8 横浜

「スポンサーリンク」

8月15日(水) 第11日開門6時20分(外野は5時50分)

8:00 第1試合(2回戦)
下関国際 5-4 創志学園
10:30 第2試合(2回戦)
興南 0-7 木更津総合
13:00 第3試合(2回戦)
日大三 8-4 奈良大付
15:30 第4試合(2回戦)
龍谷大平安 14-1 八戸学院光星

「スポンサーリンク」

8月16日(木)第12日 開門7時予定

8:00 第1試合(3回戦)
報徳学園 7-2 愛工大名電
10:30 第2試合(3回戦)
二松学舎 0-6 浦和学院
13:00 第3試合(3回戦)
済美 3-1 高知商
15:30 第4試合(3回戦)
大阪桐蔭 3-1 高岡商


「スポンサーリンク」

8月17日(金) 第13日 開門6時20分(全席)

8:00 第1試合(3回戦)
近江 9-4 常葉大菊川
10:30 第2試合(3回戦)
金足農 5-4 横浜
13:00 第3試合(3回戦)
下関国際 4-1 木更津総合
15:30 第4試合(3回戦)
日大三 4-3 龍谷大平安

8月18日(土)準々決勝・第14日(開門時間 7時予定)

  8:00 第1試合  大阪桐蔭 vs 浦和学院
10:30 第2試合  報徳学園 vs 済美
13:00 第3試合 日大三  vs 下関国際 
15:30 第4試合   金足農   vs 近江 

※リンク先はベンチ入りメンバーの打率、地方大会の結果など

8月19日(日) 休養日

試合なし

「スポンサーリンク」

8月20日(月)準決勝・第15日(開門時間 8時予定)

10:00 第1試合(準決勝)
12:30 第2試合(準決勝)

8月21日(火)決勝・第16日(開門時間 11時予定)

14:00 決勝
試合終了後 閉会式

「スポンサーリンク」

組み合わせ日程 トーナメント表



「スポンサーリンク」

甲子園出場校一覧|全56代表校

北北海道 旭川大(9年ぶり8回目)
南北海道 北照(5年ぶり4回目)
青森 八戸学院光星(2年ぶり9回目)
岩手 花巻東(3年ぶり9回目)
秋田 金足農(11年ぶり6回目)
山形 羽黒(15年ぶり2回目)
宮城 仙台育英(2年連続27回目)
福島 聖光学院(12年連続15回目)
茨城 土浦日大(2年連続4回目)
栃木 作新学院(8年連続14回目)
群馬 前橋育英(3年連続4回目)
北埼玉 花咲徳栄(4年連続6回目)
南埼玉 浦和学院(5年ぶり13回目)
東千葉 木更津総合(3年連続7回目)
西千葉 中央学院(初出場)
東東京 二松学舎大付(2年連続3回目)
西東京 日大三(5年ぶり17回目)
北神奈川 慶応(10年ぶり18回目)
南神奈川 横浜(3年連続18回目)
山梨 山梨学院(3年連続8回目)
新潟 中越(2年ぶり11回目)
長野 佐久長聖(2年ぶり8回目)
富山 高岡商(2年連続19回目)
石川 星稜(2年ぶり19回目)
福井 敦賀気比(3年ぶり8回目)
静岡 常葉大菊川(2年ぶり6回目)
東愛知 愛産大三河(22年ぶり2回目)
西愛知 愛工大名電(5年ぶり12回目)
岐阜 大垣日大(2年連続5回目)
三重 白山(初出場)
滋賀 近江(2年ぶり13回目)
京都 龍谷大平安(4年ぶり34回目)
北大阪 大阪桐蔭(2年連続10回目)
南大阪 近大付(10年ぶり5回目)
東兵庫 報徳学園(8年ぶり15回目)
西兵庫 明石商(初出場)
奈良 奈良大付(初出場)
和歌山 智弁和歌山(2年連続23回目)
岡山 創志学園(2年ぶり2回目)
広島 広陵(2年連続23回目)
鳥取 鳥取城北(3年ぶり5回目)
島根 益田東(18年ぶり4回目)
山口 下関国際(2年連続2回目)
香川 丸亀城西(13年ぶり5回目)
徳島 鳴門(2年ぶり12回目)
愛媛 済美(2年連続6回目)
高知 高知商(12年ぶり23回目)
北福岡 折尾愛真(初出場)
南福岡 沖学園(初出場)
佐賀 佐賀商(10年ぶり16回目)
長崎 創成館(3年ぶり2回目)
大分 藤蔭(28年ぶり2回目)
熊本 東海大星翔(35年ぶり2回目)
宮崎 日南学園(2年ぶり9回目)
鹿児島 鹿児島実(3年ぶり19回目)
沖縄 興南(2年連続12回目)

「スポンサーリンク」

出場校の地方大会成績|打率・本塁打数・盗塁数・失点など

全56代表校の地方大会の成績は以下のとおり。データから見えてくる優勝候補はどこか。

  • 龍谷大平安は、打率は.457(2位)、盗塁数が24(3位)、失点数も3点(2位)と走攻守でバランスのとれたチーム。
  • 八戸学院光星は、打率.410(5位)、本塁打数9本(2位)、失策1(2位)と破壊力のある打撃と堅守が持ち味のチーム。
  • 星稜は、本塁打数10本(1位)、失点0(1位)、与四死球数6(2位)とパンチ力と投手陣の力がある。
  • 創成館は、失策が1(2位)、失点は3(2位)と堅守と投手力が持ち味だ。→創成館は創志学園(岡山)に0-7で完敗。惜しくも初戦敗退した。

ランキング1位の出場校

  • 打率1位:奈良大附属(.458)
  • 本塁打数1位:星稜・折尾愛真(10本)
  • 盗塁数1位:浦和学院(30盗塁)
  • 失策・エラー数:創志学園(なし)
  • 失点数:星稜(0点)
  • 与四死球数:近江(4つ)


「スポンサーリンク」

打率ランキング|1位は奈良大附属

1位:奈良大附属 .458
2位:龍谷大平安 .457
3位:大阪桐蔭 .446
4位:広陵 .426
5位:八戸学院光星 .410
5位:近江 .410
5位:智弁和歌山 .410
6位:二松学舎 .404
7位:高岡商業 .401
以上が、打率4割以上のチーム

本塁打数ランキング|1位は星稜・折尾愛真

1位:星稜 10本
1位:折尾愛真 10本
2位:愛工大名電 9本
2位:八戸学院光星 9本
3位:羽黒 8本
3位:中央学院 8本
4位:作新学院 7本
4位:創志学園 7本
以上が、本塁打数7本以上のチーム

「スポンサーリンク」

盗塁数ランキング|1位は浦和学院

1位:浦和学院 30
2位:常葉菊川 26
3位:龍谷大平安 24
3位:広陵 24
4位:横浜 22
4位:鳥取城北 22
以上が、盗塁数20以上のチーム

失策・エラー数ランキング|1位は創志学園

1位:創志学園 0
2位:八戸学院光星 1
2位:羽黒 1
2位:報徳学園 1
2位:創成館 1
2位:興南 1
以上は、失策が少ない上位チーム

「スポンサーリンク」

失点数ランキング|1位は星稜

1位:星稜 0
2位:龍谷大平安 3
2位:創成館 3
3位:創志学園 4
4位:花咲徳栄 5
4位:下関国際 5
以上が、失点が少ない上位チーム

与四死球数ランキング|1位は近江

1位:近江 4
2位:星稜 6
3位:羽黒 7
3位:山梨学院 7
3位:大阪桐蔭 7
3位;報徳学園 7
3位:下関国際 7
3位:高知商業 7
以上が、四死球が少ない上位チーム

「スポンサーリンク」

出場校の地方大会成績|朝日新聞


「スポンサーリンク」

甲子園出場校の部員数・出場回数など

【北北海道・旭川大高(9年ぶり8度目)】

1898年(明31)創立の私立校。特別進学コース、スポーツ教育コースなどがあり、生徒数457人。野球部は64年創部で、部員は62人。甲子園は夏7度出場で80年の3回戦進出が最高。主な卒業生は元近鉄の鈴木貴久(故人)陸上男子400メートルリレーの北京五輪銀メダリスト高平慎士。所在地は旭川市永山7条16丁目3の16。阿部敏校長。

【南北海道・北照(5年ぶり4度目)】

1901年(明34)小樽商業学校として創立された私立校。48年に現校名となり、98年から共学。総合進学クラス、一般教養クラス、スポーツコースがあり、生徒数200人(女子47人)。野球部は1908年創部で、部員は59人。甲子園は春5度、夏は4度目。主な卒業生は長野五輪ジャンプ金メダリストの船木和喜、元ヤクルト米野智人ら。所在地は北海道小樽市最上2の5の1。宮川恒美校長。

【青森・八戸学院光星(2年ぶり9度目)】

1956年(昭31)創立の私立校。生徒数は824人(女子393人)。野球部は学校創立と同時に創部され、部員数は124人(マネジャー6人含む)。甲子園出場は春9度、夏9度目。11年夏から甲子園3季連続準優勝。主な卒業生は巨人坂本勇人、ロッテ田村龍弘、阪神北條史也ら。所在地は青森県八戸市湊高台6の14の5。小野崎龍一校長。

【岩手・花巻東(3年ぶり9度目)】

1956年(昭31)創立の花巻商(のちに富士短大付花巻)と、57年創立の谷村学院が82年に統合した私立校。生徒数は642人(女子272人)。野球部創部は56年。部員120人、マネジャー4人。甲子園出場は春3度、夏9度目。主な卒業生は西武菊池雄星投手、エンゼルス大谷翔平投手。所在地は岩手県花巻市松園町55の1。小田島順造校長。

【秋田・金足農(11年ぶり6度目)】

1928年(昭3)創立の県立校。生徒数は518人(女子255人)。野球部は32年創部で部員50人(マネジャー3人)。甲子園は春3度、夏6度目。主なOBはヤクルト石山泰稚、元中日小野和幸ら。学校所在地は秋田市金足追分字海老穴102の4。渡辺勉校長。

「スポンサーリンク」


【山形・羽黒(15年ぶり2度目)】

1962年(昭37)に羽黒工として創立の私立校。89年に羽黒と改称。生徒数842人(女子400人)。野球部は63年に創部。部員数は72人、マネジャー5人。甲子園出場は春1度、夏2度目。主なOBは巨人田中優大投手。所在地は鶴岡市羽黒町手向字薬師沢198。牧静雄校長。

【宮城・仙台育英(2年連続27度目)】

1905年(明38)創立の私立校。生徒数は3077人(女子1303人)。野球部は30年創部で、部員121人、マネジャー2人。甲子園は春12度、夏27度目。主なOBにヤクルト由規、ソフトバンク上林誠知、楽天西巻賢二ら。仙台市宮城野区宮城野2の4の1。加藤雄彦校長。

【福島・聖光学院(12年連続15度目)

1962年(昭37)創立の私立校。生徒数は738人(女子176人)。野球部も62年創部で部員117人(マネジャー2人)。甲子園は春5度、夏15度目。主な卒業生は横山貴明、八百板卓丸(ともに楽天)歳内宏明(阪神)園部聡(オリックス)。所在地は福島県伊達市六角3。新井秀校長。

【群馬・前橋育英(3年連続4度目)】

1963年(昭38)創立の私立校。生徒数は1696人(女子1006人)。野球部は64年創部で部員数は70人。甲子園出場は春2度、夏は4度目。主なOBは西武高橋光成、オリックス神戸文也。所在地は前橋市朝日が丘13。山田耕介校長。

【栃木・作新学院(8年連続14度目)】

1885年(明18)創立の私立校。生徒数は3685人(女子1646人)。野球部は1902年創部で部員数は92人。主な卒業生は元巨人江川卓氏、ロッテ岡田幸文ら。甲子園出場は春10度、夏は8年連続14度目。所在地は宇都宮市一の沢1の1の41。船田元校長。

【茨城・土浦日大(2年連続4度目)】

1963年(昭38)創立の私立校。普通科のみで生徒1918人(女子838人)。野球部創部は64年。部員数88人。甲子園は春2度、夏4度目。主なOBは元横浜小山田保裕、元ロッテ神戸拓光。所在地は茨城県土浦市小松ケ丘4の46。吉田正俊校長。

「スポンサーリンク」


【北埼玉・花咲徳栄(4年連続6度目)】

1982年(昭57)創立の私立校。生徒数1881人(女子874人)。野球部も82年に創部された。部員は145人。甲子園出場は春4度、夏は4年連続6度目。昨年、埼玉県勢として夏の甲子園初制覇。主なOBはオリックス若月健矢、広島高橋昂也、中日清水達也、西武西川愛也、ボクシング元世界王者の内山高志ら。埼玉県加須市花崎519。田中一夫校長。

【南埼玉・浦和学院(5年ぶり13度目)】

1978年(昭53)創立の私立校。生徒数2914人(女子1431人)。野球部創部は78年。部員数は96人。甲子園出場は春10度、夏は5年ぶり13度目。主な卒業生に鈴木健(元ヤクルト)大竹寛(巨人)ファッションモデルの菜々緒ら。所在地はさいたま市緑区代山172。石原正規校長。

【東千葉・木更津総合(3年連続7度目)】

1963年(昭38)に木更津中央として設立の私立校。03年(平15)木更津中央と清和女短大付が統合され、現校名になった。生徒数2106人(女子1109人)。野球部創部は63年。部員60人。甲子園出場は春3度、夏は3年連続7度目。主なOBに与田剛(楽天2軍投手コーチ)井納翔一(DeNA)。所在地は千葉県木更津市東太田3の4の1。真板竜太郎校長。

【西千葉・中央学院(初出場)】

1970年(昭45)創立の私立校。生徒数1007人(女子440人)。野球部創部は71年。部員78人。甲子園は春1回、夏は初出場。主なOBに元巨人古城茂幸、元ヤクルト押本健彦ら。所在地は千葉県我孫子市都部765。横田一弘校長。

【東東京・二松学舎大付(2年連続3度目)】

1948年(昭23)創立の私立校。生徒数924人(女子496人)。野球部は58年創部で部員数は64人。主なOBは元ロッテ初芝清(現社会人野球セガサミー監督)広島鈴木誠也、巨人大江竜聖ら。甲子園出場は春5度、夏は3度目。所在地は千代田区九段南2の1の32。本城学校長。

【西東京・日大三(5年ぶり17度目)】

1929年(昭4)創立の私立校。生徒数は1097人(女子381人)。野球部は29年創部、部員数は71人。甲子園出場は春20度、夏は17度目。71年春と01、11年夏に全国制覇。OBに元ヤクルト監督の関根潤三、ヤクルト近藤一樹、阪神高山俊ら。町田市図師町11の2375。新井勇治校長。

【北神奈川・慶応(10年ぶり18度目)】

1868年(明元)創立の私立男子校。野球部は1888年(明21)創部。夏は18度目、春は9度出場。慶応普通部で出場した1916年夏の第2回大会で優勝。生徒数は2281人。部員数は105人(マネジャー2人)。主なOBに日本ハム白村明弘投手、巨人山本泰寛内野手、広島加藤拓也投手。所在地は横浜市港北区日吉4の1の2。古田幹校長。

【南神奈川・横浜(3年連続18度目)】

1942年(昭17)創立の私立男子校。生徒数723人。野球部は45年創部で、部員数68人(マネジャー3人)。甲子園は春16度、夏は18度目の出場。98年に史上5校目の春夏連覇を達成。所在地は横浜市金沢区能見台通46の1。葛蔵造校長。

【山梨・山梨学院(3年連続8度目)】

1956年(昭31)創立の私立校。普通科に特進コース、進学コースがあり、生徒数は1025人(女子446人)。野球部は57年に創部。部員数は74人。甲子園出場は春2度、夏は8度目。主な卒業生は元巨人松本哲也ら。所在地は甲府市酒折3の3の1。山内紀幸校長。

「スポンサーリンク」


【長野・佐久長聖(2年ぶり8度目)】

1964年(昭39)創立の私立校。95年、佐久から校名変更。生徒数は1038人(うち女子413人)。野球部創部は64年。部員数は160人。主な卒業生に大迫傑(陸上選手)菊池彩花(スケート選手)ら。所在地は長野県佐久市岩村田951。佐藤康校長。

【新潟・中越(2年ぶり11度目)】

1905年(明38)創立の私立校。生徒数は1056人(女子487人)。野球部創部は1956年(昭31)で部員は94人(マネジャー6人)。甲子園出場は夏11度。主なOBは元阪急今井雄太郎、元広島今井啓介、ソフトバンク渡辺雄大、Bリーグ島根の佐藤公威ら。所在地は新潟県長岡市新保町1371の1。八田元史校長。

【石川・星稜(2年ぶり19度目)】

1962年(昭37)創立の私立校。63年から現校名。生徒数1713人(女子853人)。野球部も62年創部。部員数77人。甲子園出場は春12度、夏19度目。主なOBは元ヤンキース松井秀喜、サッカー日本代表本田圭佑ら。所在地は金沢市小坂町南206。鍋谷正二校長。

【富山・高岡商(2年連続19度目)】

1897年(明30)創立の県立校。生徒数712人(女子444人)。野球部は23年(大12)創部。部員数72人。甲子園は春5度、夏は19度目。主なOBは進藤達哉(DeNA・GM補佐)紺田敏正(日本ハムコーチ)。所在地は高岡市横田286。宮岸毅校長。

【福井・敦賀気比(3年ぶり8度目)】

1986年(昭61)創立の私立校。生徒数681人(女子285人)。野球部は創立と同時に創部。部員数88人。甲子園出場は春7度、夏は8度目。主なOBは巨人内海哲也、オリックス吉田正尚、日本ハム平沼翔太ら。所在地は敦賀市沓見164の1。古谷清和校長。

「スポンサーリンク」


【静岡・常葉大菊川(2年ぶり6度目)】

1972年(昭47)創立の私立校。生徒数869人(女子541人)。野球部は83年創部で部員84人。甲子園は春4度、夏は6度目。07年センバツ優勝、08年夏は準優勝。主なOBはDeNA田中健二朗、広島桑原樹ら。菊川市半済1550。土屋義人校長。

【東愛知・愛産大三河(22年ぶり2度目)】

1983年(昭58)創立の私立校。生徒数は1224人(女子185人)。野球部は83年創部。部員数71人(マネジャー5人)。甲子園出場は春1度、夏は2度目。主なOBは原田政彦(元中日内野手)太田勝正(元ダイエー投手)ら。岡崎市岡町字原山12の10。近藤彰校長。

【西愛知・愛工大名電(5年ぶり12度目)】

1912年(大元)に創立された私立校。生徒数1919人(女子599人)。野球部は1955年(昭30)創部。部員数47人(マネジャー4人)。甲子園は春9度で優勝1度。夏12度目。主なOBはマリナーズのイチロー球団会長付特別補佐、ソフトバンク工藤公康監督。所在地は名古屋市千種区若水3の2の12。岩間博校長。

【岐阜・大垣日大(2年連続5度目)】

1963年(昭38)に創立された私立校。生徒数は1149人(女子585人)。野球部も創立と同時に創部され、部員数48人。甲子園は春3度、夏5度目。主なOBは元阪神の曽我部直樹、中日阿知羅拓馬。所在地は岐阜県大垣市林町6の5。古田健二校長。

【三重・白山(甲子園初出場)】

1959年(昭34)創立の県立高。もとは久居(現久居農林)の一志郡白山町分校として48年に設置された。生徒数304人(女子91人)。野球部は60年創部。部員数56人(マネジャー1人)。甲子園は春夏通じて初めて。主なOBは元中日奥田和男、プロゴルファー梅田有人。所在地は津市白山町南家城678。赤塚久生校長。

「スポンサーリンク」


【滋賀・近江(2年ぶり13度目)】

1936年(昭11)に創立された私立校。生徒数779人(女子281人)。野球部は57年創部。部員数104人。甲子園出場は春5度、夏は13度目。主なOBは阪神植田海、DeNA京山将弥ら。所在地は滋賀県彦根市松原町大黒前3511の1。松村良樹校長。

【京都・龍谷大平安(4年ぶり34度目)】

1876年(明9)に「金亀教校」として創立された私立校。08年から現校名。生徒数1248人(女子481人)。野球部は1908年(明41)創部。部員数94人。甲子園は夏は34度目、春は40度出場。夏は3度、春は1度優勝。主なOBは衣笠祥雄氏(元広島)桧山進次郎氏(元阪神)ら。所在地は京都市下京区御器屋町30。関目六左衛門校長。

【北大阪・大阪桐蔭(2年連続10度目)】

1983年(昭58)、大阪産業大学高等学校大東校舎として開校の私立校。生徒数は1986人(女子829人)。野球部は88年創部で部員数63人。甲子園出場は春10度、夏も10度目。春は12、17、18年に、夏は91、08、12、14年に優勝。主なOBは、日本ハム中田翔、西武中村剛也、浅村栄斗、森友哉、阪神藤浪晋太郎ら。所在地は大東市中垣内3の1の1。今田悟校長。

【南大阪・近大付(10年ぶり5度目)】

1939年(昭14)に私立校として創立。生徒数は2764人(女子1090人)。野球部創部は46年。部員56人。甲子園出場は春7度、夏は10年ぶり5度目。主なOBは元DeNAの金城龍彦(現巨人2軍コーチ)、水泳の入江陵介ら。所在地は東大阪市若江西新町5の3の1。中川京一校長。

【東兵庫・報徳学園(8年ぶり15度目)】

1911年(明44)に報徳実業として創立した私立の男子校。24年に報徳商、52年から現校名。生徒数1127人。野球部は11年創部で部員数113人。甲子園出場は春21度、夏は15度目。優勝は春2度、夏1度。主なOBは元近鉄の金村義明氏、元ロッテの清水直行氏ら。所在地は西宮市上大市5の28の19。住友正博校長。

【西兵庫・明石商(初出場)】

1953年(昭28)に市立校として創立。生徒数は829人(女子420人)。野球部も創立と同時に創部され、部員129人。今春の兵庫県大会で優勝。甲子園出場は春1度、夏は初めての出場となった。主な卒業生は車いすテニスの上地結衣。所在地は明石市魚住町長坂寺1250。楠田俊夫校長。

【奈良・奈良大付(初出場)】

1925年(大14)南都正強中学として創立の私立校。学制改革で48年に南都正強高校となり、96年から現校名。生徒数895人(女子303人)。野球部は60年創部。部員数96人。甲子園は春1度、夏は初出場。OBに元横浜の八馬幹典、元巨人の歌藤達夫ら。所在地は奈良市秋篠町50。辻寛司校長。

【和歌山・智弁和歌山(2年連続23度目)】

1978年(昭53)創立の私立校。生徒数786人(女子341人)。野球部は79年創部で部員数は34人。甲子園出場は春12度、夏は23度目。優勝は春1回、夏2回。主なOBに武内晋一(ヤクルト)西川遥輝(日本ハム)ら。所在地は和歌山市冬野2066の1。藤田清司校長。

「スポンサーリンク」


【岡山・創志学園(2年ぶり2度目)】

1884年(明17)に創設の私立校。1998年に女子校から共学。10年から現校名となり、野球部も創部。甲子園出場は春3度。夏は2度目。主なOBは巨人高田萌生投手、日本ハム難波侑平内野手。所在地は岡山市北区下伊福西町7の38。谷川安弘校長。

【広島・広陵(2年連続23度目)】

1896年(明29)設立。生徒数は1281人(女子493人)。野球部は1911年創部で、部員数は130人。甲子園出場は夏23度目。春は23度。夏は準優勝4度、春は優勝3度、準優勝3度。主なOBは阪神金本知憲監督、広島野村祐輔ら。所在地は広島市安佐南区伴東3の14の1。国貞和彦校長。

【鳥取・鳥取城北(3年ぶり5度目)】

1963年(昭38)創立の私立校。生徒数1111人(女子550人)。野球部は69年創部。部員数135人。甲子園は春1度、夏は5度目。主なOBは能見篤史(阪神)藤原良平(西武)ら。所在地は鳥取市西品治8486。石浦外喜義校長。

【島根・益田東(18年ぶり4度目)】

1978年(昭53)に創立された私立校。生徒数319人(女子94人)。野球部は79年創部。部員数138人。甲子園は夏は4度目、春はなし。主なOBは三東洋氏(元阪神)渡辺伸彦氏(元オリックス)。所在地は益田市染羽町1の24。坂田仁志校長。

【山口・下関国際(2年連続2度目)】

1964年(昭39)に下関電子工業高等学校として開校の私立校。下関高等学校を経て93年に現校名へ。生徒数は319人(女子72人)。野球部は65年創部。部員は51人。甲子園は春1度、夏は2年連続2度目。3季連続甲子園出場となった。OBにロッテ宮崎敦次。所在地は下関市大字伊倉字四方山7。山口和也校長。

「スポンサーリンク」


【香川・丸亀城西(13年ぶり5度目)】

1918年(大7)に丸亀商業として創立された県立校。93年に普通科となり現校名に。生徒数は645人(うち女子238人)。野球部は28年創部で部員46人。全国出場は春9度、夏は今回が5度目。主な卒業生は箱根駅伝で中大を8度優勝に導いた西内文夫氏。所在地は香川県丸亀市津森町位267。大山雅久校長。

【徳島・鳴門(2年ぶり12度目)】

1909年(明42)創立の県立校。生徒数は全日制964人(女子552人)。野球部は11年創部。部員数40人。甲子園出場は春8度、夏は12度目。主なOBは潮崎哲也(西武2軍監督)秦真司(元ヤクルト)ら。鳴門市撫養町斎田字岩崎135の1。山村啓治校長。

【愛媛・済美(2年連続6度目)】

1901年(明34)に松山裁縫伝習所として創設された私立校。48年に現校名となり、02年に女子校から共学へ。生徒数1567人(女子976人)。野球部は02年創部で部員は54人。甲子園出場は春2度、夏は6度目。04年春に優勝。主なOBは広島福井優也、楽天安楽智大。所在地は松山市湊町7の9の1。末広久行校長。

【高知・高知商(12年ぶり23度目)】

1898年(明31)に高知市帯屋町に簡易商業高校として創立された市立高。48年から現校名。生徒数841人(女子509人)。野球部は1918年(大7)創部。部員数71人(マネジャー2人)。甲子園は春は14度、夏は23度目。春は優勝1度。主なOBは江本孟紀氏(元阪神)中西清起氏(元阪神)藤川球児(阪神)ら。所在地は高知市大谷6。岡崎伸二校長。

「スポンサーリンク」


【北福岡・折尾愛真(甲子園初出場)】

1935年(昭10)私立折尾高等簿記学校として創立。折尾女子などを経て02年から男女共学となり現校名に変更。普通科、看護科、商業科に988人(女子650人)が学ぶ。野球部創部は04年。部員は47人。甲子園は春夏通じ初出場。主な卒業生は阪神小野泰己、J2徳島MF島屋八徳ら。所在地は北九州市八幡西区堀川町12の10。増田仰校長。

【南福岡・沖学園(甲子園初出場)】

1958年(昭33)博多商として創立の私立校。87年に現校名。生徒数681人(女子222人)。野球部は58年創部。部員67人。甲子園は春夏通じて初出場。男女ゴルフ部は全国優勝経験あり。主なOBは久保裕也(楽天投手)篠原貴行(DeNA投手コーチ)。所在地は福岡市博多区竹下2の1の33。沖隆邦校長。

【佐賀・佐賀商(10年ぶり16度目)】

1907年(明40)佐賀市立商業として創立。48年から現校名。生徒数715人(女子422人)。野球部は21年(大10)創部。部員57人(マネジャー2人)。夏の甲子園は16度目、94年大会で初優勝。春は6度。主なOBは元西武新谷博、日本ハム田中豊樹。所在地は佐賀市神野東4の12の40。吉松幸宏校長。

【長崎・創成館(3年ぶり2度目)】】

1962年(昭37)創立の私立校。生徒数は801人(女子361人)。野球部創部は62年。部員数は123人。甲子園出場は春が3度、夏は3年ぶり2度目。主な卒業生は広田瑞人(格闘家)鬼頭えん(漫画家)ら。所在地は長崎県諫早市貝津町621。奥田修史校長。

【大分・藤蔭(28年ぶり2度目)】

1950年(昭25)日田高等経理学校として創立の私立校。日田商業高を経て60年に現校名に。生徒数380人(女子156人)。野球部は81年創部で部員84人。甲子園出場は春1度、夏は2度目。主なOBは一岡竜司(広島)森章剛(元中日)。所在地は日田市田島本町5の41。石井潔校長。

【熊本・東海大熊本星翔(35年ぶり2度目)】

1961年(昭36)東海大二高校として設立した私立校。12年から現校名へ変更。生徒数は1490人(女子582人)。野球部創部は61年で部員は119人。甲子園出場は春はなし、夏は2度目。主な卒業生は「ONE PIECE」の作者、尾田栄一郎(漫画家)、女子プロゴルファーの上田桃子、古閑美保ら。所在地は熊本市東区渡鹿9の1の1。飯田良輔校長。

【宮崎・日南学園(2年ぶり9度目)】

1951年(昭26)に日南経済専門学院として創立の私立校。日南商をへて82年から現校名へ。生徒数548人(女子222人)。野球部は66年創部、部員115人。甲子園出場は春5度、夏は9度目。主な卒業生はソフトバンク寺原隼人、広島中崎翔太ら。宮崎県日南市吾田東3の5の1。藤原昭悟校長。

【鹿児島・鹿児島実(3年ぶり19度目)】

1916年(大5)私立鹿児島実業中学館として創立。48年から現校名に。生徒数は1408人(女子572人)。野球部は18年創部。部員数114人。甲子園は春は9度出場し96年優勝。夏は15年以来19度目で74、91年の4強が最高。主なOBに定岡正二(元巨人)杉内俊哉(巨人)本多雄一(ソフトバンク)ら。鹿児島市五ケ別府町3591の3。中釜一喜校長。

【沖縄・興南(2年連続12度目)】

1962年(昭37)私立興南学園として創立。普通科のみで生徒数は981人(女子380人)。野球部創部は62年。部員数125人。甲子園は春4度、夏は2年連続12度目の出場。優勝は春夏ともに10年の1度ずつ。主な卒業生は高良一輝(日本ハム)島袋洋奨(ソフトバンク)具志堅用高(ボクシング元世界王者)ら。所在地は沖縄県那覇市古島1の7の1。我喜屋優校長。

「スポンサーリンク」

夏の甲子園日程

甲子園の開幕は、8月5日(日)~17日間(休養日1日含む)。

組み合わせ抽選会は8月2日(木)の午後4時から。

開会式は5日(日)午前9時から始まる。

準々決勝翌日の19日は休養日とし、決勝戦は8月21日(火)午後2時開始予定。

目次

【スポンサードリンク】