【波紋呼ぶ?】名古屋の小学校の部活廃止へ!2020年度で(全市立小学校が対象)

【波紋呼ぶ?】名古屋の小学校の部活廃止へ!2020年度で(全市立小学校が対象)

 

名古屋市教育委員会は3月5日、全市立小学校で実施している部活動を2020年度限りで廃止する方針を示した。

教員の長時間労働が問題になるなか、現場の負担軽減を図る。

21年度以降は、教員が携わらない形で何らかの活動を続ける模様だ。

現在は市立の全261校で、サッカーや野球、バスケットボール、合唱などの活動がある。

廃止の理由は?

顧問は教員が務めているが、土曜や日曜の試合の引率や、経験がない競技を指導する場合もあり、負担が大きくなっているという。

外部に指導を委託しているのは13校にとどまり、現場の校長らから部活動の廃止を求める声が上がっていた。

スポンサー リンク