【注目投手】中京大中京・板倉駆(左腕)、2年生左腕が大阪桐蔭戦で躍動

【注目投手】中京大中京・板倉駆(左腕)、2年生左腕が大阪桐蔭戦で躍動

愛知県の招待試合(vs大阪桐蔭)戦で活躍を見せ話題となった2年生左腕がいる。

彼の名は、板倉駆(かける)。背番号11。

大阪桐蔭戦では、2番手で4回途中から登板。

圧巻だったのは、6回2死満塁の場面だ。藤原恭大を威力のある外角直球で空振り三振に仕留めた。続く7回は先頭で打席に入った根尾昂を見逃し三振に封じるなど圧巻の4者連続三振。さらには、8回も2死満塁のピンチを招いたが、外の変化球で再び藤原を中飛に仕留めた。

気迫を込めた投球で今春選抜王者の前に立ちはだかった。

春の大会は2回戦でコールド負け

春の愛知大会は2回戦で公立の西春にコールド負けを喫していた中京大中京。

この大阪桐蔭戦では、高橋源一郎監督は「向かっていこうと言っていた。いい自信になると思う。4月から崖っぷちではなく、崖の底からやってきた。ずっとうまくいかなかったけど、かみ合ってきた」。9日には練習試合で今春センバツに出場した智弁学園に11点を奪って大勝しており、チーム力に手応えを感じ取っていた。

スポンサー リンク