【ドラフト会議】中日、大阪桐蔭・根尾昂のドラフト1位指名をプロ球界最速で明言

中日ドラゴンズ、大阪桐蔭 根尾昂をドラフト1位指名明言

10月5日、根尾ドラフト1位をついに明言

中日は球界最速で「根尾ドラフト1位指名」を宣言(10月5日)。

根尾の故郷・飛騨に近い中日は、中学時代からその素質に注目していた。森監督は「内野も、外野もできるし、ピッチャーもできる。体が丈夫だ」と高く評価。西山球団代表は「ウチとしてはみんな生かしたい。ドラゴンズの選手になってくれることを祈っている」とコメントし、投手と打者の二刀流も容認する模様。

「スポンサーリンク」

巨人も根尾昂をドラフト1位指名へ

読売ジャイアンツが2018ドラフト会議で、大阪桐蔭の根尾昂を「1位指名」することで一本化されたことがわかった。スポーツ報知が10月6日に速報として伝えた。

坂本や長野の後継者として、さらには球界を担う次世代のスター候補として期待が大きい。10月5日に行われた球団事務所のスカウト会議では、このほかドラフト上位候補の確認を行ったという。

「スポンサーリンク」

続報:ドラフト1位指名の明言は順延された

中日の大阪桐蔭根尾昂内野手(3年)への最速ラブコールが順延された。

4日、根尾がプロ志望届を提出。同日中に森監督が25日のドラフトでの1位指名を公表予定だったが、今日5日の阪神戦(甲子園)開始前に変更された。西山球団代表は「急いでやってバタバタすることもない。慌てる必要もない」と話した。

続報:10月4日にドラフト1位指名明言

中日ドラゴンズ森繁和監督が、104日にも大阪桐蔭・根尾昂の「ドラフト1位指名」を表明へ。根尾は岐阜県・飛騨市出身。編成担当は中学時代からマークしており、白井オーナーからも「地元出身のスター候補は絶対に獲得せよ」と号令が出ているという。

「スポンサーリンク」

1月からドラフト1位は根尾と中日

中日ドラゴンズの中田宗男アマスカウトディレクターが10月1日、ドラフト会議で、岐阜出身の大阪桐蔭・根尾昂をドラフト1位指名することを明言した。スポニチが報じた。

中田スカウトは国体を視察し、「うちは1月の時点で根尾で行くと決めていた」とコメント。投打で活躍した下関国際との1回戦を見届け、改めて「タイプ的にいえば、西武の松井だよね。身体能力、バネ、遠くへ運べる力。投手からしたら、一番嫌なタイプ」と絶賛したという。

【スポンサードリンク】