【最大8球団】根尾昂、中日・ヤクルト・巨人がドラフト1位指名を正式発表

根尾昂、中日・ヤクルト・巨人がドラフト1位指名を正式発表

▷ドラフト会議の指名結果速報(リンク)

根尾昂、最大8球団がドラフト1位指名へ

12球団で最も早く根尾昂をドラフト1位指名を公表した中日ドラゴンズに加えて、10月23日にはヤクルトスワローズがドラフト1位指名を公表

そして、10月24日には巨人が1位指名を公表した。

ほかにも野手の1位指名を明言している楽天や、日本ハム、阪神、ソフトバンク、オリックスも1位の有力候補に挙げており、最大8球団の重複指名は避けられない状況となっている。

「スポンサーリンク」

ソフトバンクホークス

内川、松田宣ら野手陣が高齢化するソフトバンクが、根尾昂に狙いを定めた。

工藤監督は、根尾について「好きな選手。顔がいいね。勝負師というか、野球選手として、いい表情をしている。遊撃手、外野とかもできる。うちにも若い野手はいるけれど競争相手というか、そういう選手は必要だよね」とコメントした。

遊撃手は27歳の西田と今宮、26歳の牧原。根尾なら年齢構成のバランスもいい。

「スポンサーリンク」

ヤクルトスワローズ

10月24日、ヤクルトは根尾昂をドラフト1位指名することを発表した。

日本ハム

根尾を1位指名する可能性が高まった。競合になった場合、昨年7球団競合の末に清宮を引き当てた木田GM補佐が出陣する。ドラフト会議当日までに球団幹部らで最終確認し、正式に決定する見込み。

吉村浩GMは10月22日、札幌市内の球団事務所で取材に応じ「その年のナンバーワンを取る。競合するだろうね」と説明。スカウト会議では、ドラフト候補選手約80人のうち1位候補を14人まで絞り込んだ。

大渕スカウト部長によれば1位候補には根尾に加え金足農・吉田輝星らもリストアップ。根尾については「(投打)どちらも評価しています。根尾昂を評価しています」とコメント。

「スポンサーリンク」

中日ドラゴンズ

中日は、プロ野球球団最速で「根尾ドラフト1位指名」を宣言(10月5日)。

根尾の故郷・飛騨に近い中日は、中学時代からその素質に注目していた。森監督は「内野も、外野もできるし、ピッチャーもできる。体が丈夫だ」と高く評価。

西山球団代表は「ウチとしてはみんな生かしたい。ドラゴンズの選手になってくれることを祈っている」とコメントし、投手と打者の二刀流も容認する模様。

巨人ジャイアンツ

10月24日、巨人は根尾をドラフト1位指名することを公表した。

根尾の身体能力に加え、リーダーシップを高く評価。主将の坂本勇の後継者として遊撃手で起用する方針だが、本人の意向があれば投手や二刀流として育成する可能性もあるという。

長谷川国利スカウト部長は

「全員の総意で決定した。ここまで話が一つになったので、われわれも堂々といく」

「1位は根尾で行きます。監督を含めて映像を全員で確認して頂いて、1位は何があっても根尾君と決めた」

「基本的にはショートですが、本人が投手をやりたいということなら、彼の意向に沿うと監督も言っていた」

と話した。抽選の際は原新監督がくじを引く。

野手の軸として、坂本や長野の後継者として、また次世代を担う球界のスター候補として期待が大きい。

「スポンサーリンク」

10月5日、根尾ドラフト1位をついに明言

中日は球界最速で「根尾ドラフト1位指名」を宣言(10月5日)。

根尾の故郷・飛騨に近い中日は、中学時代からその素質に注目していた。森監督は「内野も、外野もできるし、ピッチャーもできる。体が丈夫だ」と高く評価。西山球団代表は「ウチとしてはみんな生かしたい。ドラゴンズの選手になってくれることを祈っている」とコメントし、投手と打者の二刀流も容認する模様。

「スポンサーリンク」

続報:ドラフト1位指名の明言は順延された

中日の大阪桐蔭根尾昂内野手(3年)への最速ラブコールが順延された。

4日、根尾がプロ志望届を提出。同日中に森監督が25日のドラフトでの1位指名を公表予定だったが、今日5日の阪神戦(甲子園)開始前に変更された。西山球団代表は「急いでやってバタバタすることもない。慌てる必要もない」と話した。

続報:10月4日にドラフト1位指名明言

中日ドラゴンズ森繁和監督が、104日にも大阪桐蔭・根尾昂の「ドラフト1位指名」を表明へ。根尾は岐阜県・飛騨市出身。編成担当は中学時代からマークしており、白井オーナーからも「地元出身のスター候補は絶対に獲得せよ」と号令が出ているという。

「スポンサーリンク」

1月からドラフト1位は根尾と中日

中日ドラゴンズの中田宗男アマスカウトディレクターが10月1日、ドラフト会議で、岐阜出身の大阪桐蔭・根尾昂をドラフト1位指名することを明言した。スポニチが報じた。

中田スカウトは国体を視察し、「うちは1月の時点で根尾で行くと決めていた」とコメント。投打で活躍した下関国際との1回戦を見届け、改めて「タイプ的にいえば、西武の松井だよね。身体能力、バネ、遠くへ運べる力。投手からしたら、一番嫌なタイプ」と絶賛したという。

スポンサー リンク