【不祥事】松山商業 野球部の部長が部員へ暴力、10名以上に

松山商業 野球部の部長が部員へ暴力、10名以上に

愛媛県立・松山商業(松山市)の野球部で、20代の男性部長が、10人以上の部員に対し、膝蹴りなどの暴力を振るっていたことがわかった。同校は11月27日に記者会見を開き、詳細を説明へ。

県教育委員会によると、部長は今夏以降、学校のグラウンドなどで野球部員らに膝蹴りをしたり、胸を突いたりするなどの暴力を振るっていたという。今月初め、部員から学校側に訴えがあり、確認したところ、部長が暴力について認めた。

学校側は事案を把握した直後に県教委へ報告。既に生徒や保護者にも謝罪。

(続報)同校によると、男性教諭は今年4月、部長に就任。8月以降、学校のグラウンドや部室など他の教員の目が届かない場所で、部員30人のうち1年生6人、2年生9人に膝蹴りをしたり、平手打ちしたりするなどの暴力を振るったという。「指導中に部員の態度が悪いと感じた」などと説明している。

▷これまでの高校野球関連の不祥事等一覧

スポンサー リンク