【ドラフト候補】香川・英明高校のエース黒河竜司、安定感抜群の投手|大阪桐蔭と引き分けも

香川・英明高校のエース黒河竜司

2019年のドラフト候補に名前が挙がる香川・英明のエースは黒河竜司(2年生)だ。

1年生の秋季大会では、県大会から四国大会までの全8試合を1人で投げ抜いたスタミナ満点の投手だ。1年生でエース背番号をつけて出場したセンバツ甲子園では、惜しくも國學院栃木の3-2で敗れるも、その好投は注目を集めた。

「スポンサーリンク」

大阪桐蔭とは引き分け|18年香川招待試合

2018年の香川県招待試合では大阪桐蔭が出場。

英明はエース黒河竜司、大阪桐蔭は根尾昂がともに2桁安打を許しながら粘り強いピッチングを披露し、4-4の引き分けに。そこで黒河は、藤原恭大から本塁打を浴びる。

「あんなバッター、ちょっと見たことがないです」とコメントしている。

【試合終了】英明4-4大阪桐蔭(引き分け)

英明・黒河、大阪桐蔭戦の模様


「スポンサーリンク」

試合後、大阪桐蔭の西谷監督

「今日の試合で夏に向けて仕上げるつもりで戦った。英明は素晴らしい投手がいると聞いていました。1試合目でも高松商というチームと対戦して、良い経験をさせていただきました。最高のチームと素晴らしい球場を用意いただいた関係者の方には感謝しています」

英明 黒河竜司プロフィール・出身・中学

高松市立屋島中 – 英明
2001年7月15日生まれ
好きな選手はソフトバンク千賀

スポンサー リンク