【進路】黒河竜司(英明)は拓殖大学へ進学|高校時代エピソード【四国が誇る本格右腕】

【進路】黒河竜司(英明)は拓殖大学へ進学【四国が誇る本格右腕】

四国が誇る本格右腕・英明高校の黒河竜司は、2020年春に拓殖大学へと進学する。

以下では、主に高校時代におけるエピソード等を紹介する。



《高校時代のエピソード》

◉高校時代の自己最速は143キロを誇るなど、四国地区を代表する本格右腕投手として活躍。

◉2年生で迎えた2018年の夏の香川大会は、優勝した丸亀城西にサヨナラ負け。3年生として迎えた2019年夏の香川大会では、優勝した高松商業にサヨナラ負けを喫した。

◉1年生の秋季大会では、県大会から四国大会までの全8試合を1人で投げ抜いた。1年生でエース背番号をつけて出場した2018年のセンバツでは、國學院栃木の3-2で敗れた。

◉2018年の香川招待試合では、大阪桐蔭と対戦し、4-4の引き分けに持ち込んだ。藤原恭大(ロッテ)から本塁打を浴びた。



《プロフィール/誕生日・出身ほか》

誕生日:2001年7月15日
出身:高松市立屋島中学校
好きな選手:ソフトバンク千賀

スポンサー リンク