【東京五輪】2021年 夏の高校野球 神宮球場・横浜スタジアムは利用できず

2021年の夏 神宮球場と横浜スタジアムは高校野球で利用できず

2021年の高校野球 夏の東京大会と神奈川大会は、いずれも2020年と同様に神宮球場と横浜スタジアムが利用できない(一部期間の可能性あり)。

これは、神宮球場は東京五輪の資材等の置き場として利用され、横浜スタジアムは東京五輪の野球メイン会場となるため。

すでに東京都高野連は、2021年の夏の東京大会について、準決勝・決勝を東京ドームで開催することを発表。準決勝は7月31日(土)と8月1日(日)、決勝戦は2021年8月2日(月)に東西決勝の2試合を予定している。

東京五輪の野球競技は、2021年7月28日(水)〜8月7日(土)の日程で開催される。

【東京五輪・野球競技の日程】
・開幕:2021年7月28日(水)12時〜
・決勝:2021年8月7日(土)19時〜
・会場:横浜スタジアム、福島あづま球場(開幕試合のみ)