【東京五輪が理由】高校野球で神宮球場・横浜スタジアムが使えない2020年問題

2020年は東京ドームで準決勝・決勝

2020年夏の東西東京大会、準決勝以降の6試合が「東京ドーム」で開催される。東京五輪の影響を受け、神宮球場は、2020年7月6日(月)~9月13日(日)まで使用中止となる。プロ野球中断中の東京ドームに白羽の矢が立っていた。

東京大会は、8月1日(土)に西東京準決勝、2日(日)に東東京準決勝、3日(月)に東西東京の決勝戦を行う予定。夏の東京大会で「神宮球場」が使えるのは、開会式とその翌日だけの見通し。

また、「大田スタジアム」は7月13日(月)までしか利用できない予定。7月14日(火)からは、オリンピックの野球・ソフトボールの公式練習場となる。

また、神奈川大会が開催される「横浜スタジアム」は、五輪の野球・ソフトボールのメイン会場として利用される予定。



2020年は神宮、神宮第二、大田スタジアムなど最大6球場が使えない

2020年には、神宮球場以外にも、神宮第二や大田スタジアムなど都内で最大6球場が使えなくなる可能性もでてきている。

野球・ソフトボール競技の出場チームの練習場所として府中、駒沢、明大、大田の各球場が貸し出される可能性が浮上中。

この結果、高校野球では、7月の東西東京大会の約60試合と、例年10~11月に行っている秋季東京大会の約30試合を、他の球場に移す必要が生じる可能性があり、神奈川、埼玉、千葉の協力も得て行うことを模索することになっている。

<2020年 夏の東京都大会の日程>
組み合わせ抽選会:6月20日(土)
開会式・開幕:7月4日(土)@神宮球場
準決勝:8月1日(土)西・8月2日(日)東 @東京ドーム
決勝戦:8月3日(月)東西決勝 @東京ドーム

スポンサー リンク