【春季東京都大会】早稲田実業 野球部 ベンチ入りメンバー2019|エース伊藤に注目

早稲田実業・伊藤大征、最速143キロ右腕

身長170センチと小柄ながら、最速143キロのストレートを気迫を込めて投げ込むのがスタイル。

「くるりん!」と投球後に帽子が回転するのも特徴の1つだ。出身は神戸。

中学時代はマー君こと田中将大らを輩出した宝塚ボーイズに所属。18夏、八王子高校に敗れてから、ボールに強いスピンをかけるため、今までよりも上から投げ下ろすようにしたという。「(秋田・金足農の)吉田輝星さんのようなストレートが理想」と語る。

早稲田実業・生沼弥真人、清宮・野村から主将引き継ぐ

2019年の早稲田実業の新チームを率いる主将は、生沼弥真人。

2年夏の八王子戦では4番に座り本塁打を放つなど東京屈指のスラッガーだ。18年末に行われた東京都のキューバ遠征選抜メンバーにも選出された逸材である。清宮幸太郎(日本ハム)、野村大樹(ソフトバンク)の後を継いで名門・早稲田実業の主将としての活躍が期待される。世田谷西シニア出身。


早稲田実業 野球部 ベンチ入りメンバー2019

【2019春季大会・ベスト8】
国士舘ベンチ入りメンバー
帝京ベンチ入りメンバー
日大三ベンチ入りメンバー
東海大菅生ベンチ入りメンバー
関東一ベンチ入りメンバー
國學院久我山ベンチ入りメンバー
早稲田実業ベンチ入りメンバー
小山台ベンチ入りメンバー
キューバ遠征東京選抜メンバー

春季東京都大会における早稲田実業ベンチ入りメンバーは以下の通り。

背番号 氏名 学年 出身中学校 身長(cm)/体重(kg)投打
1 伊藤 大征 3年 本山 170/70 右・右
2 長谷川 航大 3年 国分寺台西 175/77 右・ 左
3 西口 純生 3年 松東 190/110 右・右
4 北村 広輝 3年 大原 171/68 右・右
5 梅村 大和 3年 東山 172/65 右・ 左
6 千葉 翔 3年 早稲田実 178/71 右・ 左
7 舘 祐作 3年 富士見西 170/70 右・ 左
8 茅野 真太郎 3年 上諏訪 167/68 右・右
◎9 生沼 弥真人 3年 八幡 180/82 右・右
10 宇野 竜一朗 2年 日の出 182/77 右・右
11 菊池 笙太郎 2年 吉原東 180/70 右・右
12 網野 幹太 3年 田無二 169/70 右・ 左
13 藤 大樹 3年 早稲田実 175/69 右・右
14 髙橋 隆之介 3年 早稲田実 173/73 左・左
15 鈴木 魁 3年 早稲田実 173/89 右・右
16 勝野 智也 2年 青木 180/67 右・右
17 松尾 昂紀 3年 京山 174/70 右・右
18 佐渡 楓 2年 早稲田実 168/63 右・ 左
19 –
20 –
記録員 髙澤 悠 3年
※◎は主将



【東京大会・注目選手リスト】
日大三高・井上広輝、世代最注目右腕の一人
日大三高・広沢優、本格派大型右腕
日大三・前田聖矢、父は元ジャイアンツ
日大三・平野将伍、最速146キロで豪腕トリオ
国士舘・白須仁久、背番号3から1へ
国士舘・黒澤孟朗、小柄なボンズ打法
国士舘・鎌田州真、元U15日本代表
早稲田実業・伊藤大征、最速143キロ右腕
早稲田実業・生沼弥真人、清宮・野村を継ぐ主将
東海大菅生・中村晃太朗、東京が誇る屈指の投手
東海大菅生・杉崎成、名門で1年生から主軸
岩倉・宮里優吾、東京が誇る最強右腕の一人
二松学舎・山田将義、1年夏から甲子園でマスク
二松学舎・野村昇大郎、驚異の高打率を誇る打者
帝京・小松涼馬と澤石淳平、1年夏から帝京三遊間

スポンサー リンク