【春季東京都大会】日大三高 野球部ベンチ入りメンバー2019|高校野球

日大三高 野球部ベンチ入りメンバー2019

日大三・井上広輝廣澤優の二枚看板に注目。

特に井上広輝は1年生で出場した春のセンバツで最速147キロを記録。夏の予選では怪我で一度もマウンドに上がらなかったが、18夏の甲子園では自己最速150キロを記録。美しくしなやかなフォームから繰り出す伸びのある球が持ち味。

日大三のもう一人の右腕・廣澤優は、18夏の甲子園で自己最速148キロを記録。身長190センチ前後と恵まれた体格でポテンシャル十分だ。

日大三高・井上広輝、世代最注目右腕の一人

2年生ながら、星稜・奥川、横浜・及川、創志学園・西と共に同じく高校日本代表の一次候補に選出。18夏の甲子園・奈良大付属戦では、春以来の公式戦マウンドにあがり、自己最速の147キロを更新する150キロの記録。18年のセンバツでは、1年生としてマウンドにあがり最速147キロを記録。

18の夏は故障に悩まされる。春季東京都大会の準決勝・早稲田実業戦で右肘痛を発症し、夏大会では登板機会なし。この期間、「腕だけではなくて下半身を使って投げよう」と投球できない間は下半身強化に専念。

1日に坂ダッシュを20本。筋力トレーニングではスクワットなどでふくらはぎを中心に鍛え、体重は故障時の73キロから78キロにアップ。2年まで相模ボーイズ、3年時は海老名南シニア。OBで2学年上の兄・大成(現青学大)は、清宮(現日本ハム)らと共に侍ジャパン高校代表。


日大三高・広沢優、超本格右腕

18夏の甲子園・龍谷大平安戦に先発し、自己最速を2キロ更新する148キロを記録。身長は189センチだがまもなく190に届く。球速は、高校1年生の秋は「133キロくらい」だったが、17~18の冬の強化練習で体幹や下半身のトレーニングを積むことで、18年の夏の西東京大会前の練習試合で146キロに球速を伸ばしていた。

世田谷西リトルシニア出身。

春季東京都大会の日大三ベンチ入りメンバー

【2019春季大会・ベスト8】
国士舘ベンチ入りメンバー
帝京ベンチ入りメンバー
日大三ベンチ入りメンバー
東海大菅生ベンチ入りメンバー
関東一ベンチ入りメンバー
國學院久我山ベンチ入りメンバー
早稲田実業ベンチ入りメンバー
小山台ベンチ入りメンバー
キューバ遠征東京選抜メンバー

背番号 氏名 学年 出身中学校 身長(cm)/体重(kg)投打
1 井上 広輝 3年 南毛利 181/81 右・右
◎2 佐藤 英雄 3年 中野二 175/77 右・右
3 宇津木 帝凱 3年 本郷 170/86 右・右
4 前田 聖矢 3年 中川西 170/74 右・左
5 柳舘 憲吾 2年 軽井沢 179/80 右・左
6 石田 拓海 3年 喜連川 176/70 右・右
7 大濱 快晴 3年 本太 180/80 左・左
8 塚越 楓太 3年 淵江 180/78 右・右
9 平野 将伍 3年 多度 188/95 右・右
10 廣澤 優 3年 尾山台 191/83 右・右
11 児玉 悠紀 2年 三股 180/66 左・左
12 萩原 晃太 3年 新座四 167/65 右・右
13 豊國 麻人 3年 浦安日の出 175/72 右・右
14 小出 修平 3年 日大三 176/68 右・右
15 山田 和 2年 犬蔵 164/71 右・左
16 西田 琉之介 2年 松原三 168/72 右・右
17 渡辺 凌矢 2年 佐野城東 176/75 右・左
18 大城 龍馬 2年 立川八 173/80 右・右
19 新方 湧大 3年 郡山一 180/75 右・左
20 伊藤 翔 2年 高津 176/74 右・左
記録員 内田春菜 · 根本惟礼 · 渡邊愛梨 2年/2年/2年
※◎は主将



【東京大会・注目選手リスト】
日大三高・井上広輝、世代最注目右腕の一人
日大三高・広沢優、本格派大型右腕
日大三・前田聖矢、父は元ジャイアンツ
日大三・平野将伍、最速146キロで豪腕トリオ
国士舘・白須仁久、背番号3から1へ
国士舘・黒澤孟朗、小柄なボンズ打法
国士舘・鎌田州真、元U15日本代表
早稲田実業・伊藤大征、最速143キロ右腕
早稲田実業・生沼弥真人、清宮・野村を継ぐ主将
東海大菅生・中村晃太朗、東京が誇る屈指の投手
東海大菅生・杉崎成、名門で1年生から主軸
岩倉・宮里優吾、東京が誇る最強右腕の一人
二松学舎・山田将義、1年夏から甲子園でマスク
二松学舎・野村昇大郎、驚異の高打率を誇る打者
帝京・小松涼馬と澤石淳平、1年夏から帝京三遊間

スポンサー リンク