【注目投手】日大三・井上広輝、最速150キロのスーパー2年生|怪我乗り越え復活

ドラフト候補 日大三・井上広輝、甲子園で復活

半端ない男が帰ってきた。日大三のスーパー2年生右腕の井上広輝だ。

第100回大会の甲子園の奈良大付属戦では、春以来の公式戦マウンドにあがり、自己最速の147キロを更新する150キロのストレートを投げ込み、甲子園をどよめかせた。

2年生ながら、星稜・奥川、横浜・及川、創志学園・西と同じく高校日本代表候補に挙げられている。

「自分の中ではまだ(球速が)出ると思います。今7~8割の力なのでベストならあと2、3キロは出ると思う」と今大会の甲子園で最速を目指す。

小倉監督は、指揮官は「『広輝、思い切っていけよ!』とか声も多く出てたし、周りもアイツが投げることでホッとしてるみたいなところがある」と監督・チームからの絶大な信頼を集める。

「スポンサーリンク」

春に怪我で故障、トレーニング重ね復活

2018年のセンバツでは、1年生としてマウンドにあがり最速147キロを記録し注目を集めていた。

しかし、春季東京都大会の準決勝・早稲田実業戦で右肘痛を発症。夏の予選大会では、マウンドにあがっていなかった。

「腕だけではなくて下半身を使って投げよう」と投球できない間は下半身強化に専念。1日に坂ダッシュを20本。筋力トレーニングではスクワットなどでふくらはぎを中心に鍛え、体重は故障時の73キロから78キロに。

センバツ甲子園を勝ち取ったのも井上

春のセンバツへ導いたのも、この井上の力が大きい。17年秋季東京大会決勝では、日大三は佼成学園を下した。先発中村から引き継いだ井上は、7回裏に佼成学園の岸川にタイムリーを許し、3-4と逆転を許す。日大三は1点リードされて迎えた9回表に大逆転。井上は、9回裏を抑え、見事優勝投手となった。井上、試合終了後、先発の中村とキャッチボールの最中、号泣していたのが記憶に残る。

https://twitter.com/gari_wasabi/status/928829365156118528


「スポンサーリンク」

井上広輝のプロフィール・出身

いのうえ・ひろき

2001年7月17日、神奈川・厚木市生まれ

小1からソフトボールを始め、6年時には世界大会優勝。

南毛利中では、2年まで相模ボーイズ、3年時は海老名南シニア。日大三では1年夏からベンチ入り。昨秋から背番号11。

右投右打。家族は両親と兄、弟。

OBで2学年上の兄・大成(現青学大)は、清宮(現日本ハム)らと共に侍ジャパン高校代表。

【スポンサードリンク】