【年俸600万】井上広輝(日大三) 高校時代エピソード|契約金・背番号・出身【西武ドラフト6位】

【年俸600万】井上広輝(日大三) 【西武ドラフト6位】

西武ライオンズからドラフト6位《2019》で入団した、しなやかで伸びのあるストレートが武器の井上広輝(日大三高出身)を特集する。

2020年シーズンの年俸・契約金・背番号、および「高校時代のエピソード」は以下の通り。

【年俸・契約金・背番号】
西武:ドラフト6位
背番号:41
契約金:2500万
年俸:600万



《高校時代のエピソード》

◉美しくしなやかなフォームから繰り出す伸びのある球が持ち味。

◉日大三の1年で出場したセンバツでは、自己最速の147キロを記録し、話題に。

◉2年生で迎えた2018夏の西東京大会では、怪我で一度もマウンドに上がらず。その後、夏の甲子園・奈良大付属戦で、自己最速の147キロを更新する150キロのストレートを記録し、甲子園をどよめかせた。

◉2年生時、星稜奥川、横浜及川、創志学園西と並んで「高校日本代表候補」に選出(正式メンバー入りはならず)。



《プロフィール/誕生日・出身・家族ほか》

井上広輝(いのうえ・ひろき)
誕生日:2001年7月17日
出身:神奈川県
球歴:小1からソフトボールを始め、中学時代は相模ボーイズ、海老名南シニアでプレー。
持ち球:変化球はスライダー、チェンジアップ、シンカー。
家族:兄の井上大成は2017年に高校日本代表に選出され、その後、青山学院大学へ進学。
投打:右投げ右打ち

スポンサー リンク