夏の高校野球2019年のキャッチフレーズは「新たに刻む、ぼくらの軌跡。」

夏の高校野球2019年のキャッチフレーズは「新たに刻む、ぼくらの軌跡。」

2019年の夏の第101回高校野球全国高校野球選手権大会のキャッチフレーズが決定した。

グランプリは、沖縄・読谷高2年の座喜味優衣香(ざきみ・ゆいか)さんの

 

「新たに刻む、ぼくらの軌跡。」

 

2019年2月13日に発表された。全国の高校から5890点の応募があった。

なお、第101回目の夏の甲子園は、開幕日=8月6日(火)で開会式は9時から。大会は16日間(休養日2日を含む)の日程で行われ、決勝戦は8月21日(水)14時を予定。

組み合わせ抽選会は、8月3日(土)に大阪フェスティバルホールで。日本高野連が2019年1月30日に発表した。

第100回記念大会で56校だった出場校数は、例年通り47都道府県から49校(北海道は北と南、東京は東と西の2校)になる。

▷第101回夏の甲子園の概要について

「スポンサーリンク」

歴代・高校野球キャッチフレーズ(第90回以降のみ)

2018年(第100回)
「本気の夏、100回目。」

2017年 (第99回)
じぶん史上、最高の夏
宇陽大空(兵庫・神戸国際大付属高1年)

2016年 (第98回)
ワクワク、ドキドキ甲子園
熊本光結(大阪・市南1年)

2015年 (第97回)
新たな夏、プレーボール。
山本守人(広島・宮島工高3年)

2014年 (第96回)
キラキラ輝く、キミの夏
相馬冴え(青森・柴田女子高2年)

2013年 (第95回)
野球が僕らを一つにする
林麻由(福井・足羽3年)

2012年 (第94回)
駆けあがれ!夏のテッペン
長崎はる希(熊本・済々黌2年)

2011年 (第93回)
一瞬の夏、一生の記憶
仲川萌果(兵庫・龍野3年)

2010年 (第92回)
夏の夢、今、走りだす
片山佳菜(広島・宮島工3年)

2009年 (第91回)
“夏”という名の宝物
安達紗貴(熊本・蘇陽卒)

2008年 (第90回)
この一球に、かける夏。
飛田夏穂(福井・藤島2年)

スポンサー リンク