夏の高校野球 キャッチフレーズ2021年「繫ぐ想い、挑む夏。」歴代過去一覧

2021年「繋ぐ想い、挑む夏。」

2021年の夏の高校野球(第103回全国高等学校野球選手権大会=夏の甲子園)のキャッチフレーズが、「繋ぐ想い、挑む夏」に決定した。※2021年2月19日に発表

グランプリに選ばれたのは、横浜隼人高校の2年生、加藤珠海さんの作品。全国の高校生から、1万512点の応募があった。過去のキャッチフレーズ一覧は以下の通り。

(前年)2020年「自分の本気と、出会う夏。」

2020年の夏の高校野球(第102回全国高等学校野球選手権大会)のキャッチフレーズが、「自分の本気と、出会う夏。」に決定した。※2020年2月10日に発表

グランプリに選ばれたのは、神戸学院大付3年の王田竜雅さんの作品。全国の高校生から、昨年の5890点を上回る計1万961点の応募があった。

歴代キャッチフレーズ一覧(第90回以降)

2021年(第103回)NEW
「繋ぐ想い、挑む夏。」

2020年(第102回)=中止
「新たに刻む、ぼくらの軌跡。」

2019年(第101回)
「新たに刻む、ぼくらの軌跡。」

2018年(第100回)
「本気の夏、100回目。」

2017年 (第99回)
じぶん史上、最高の夏

2016年 (第98回)
ワクワク、ドキドキ甲子園

2015年 (第97回)
新たな夏、プレーボール。




2014年 (第96回)
キラキラ輝く、キミの夏

2013年 (第95回)
野球が僕らを一つにする

2012年 (第94回)
駆けあがれ!夏のテッペン

2011年 (第93回)
一瞬の夏、一生の記憶

2010年 (第92回)
夏の夢、今、走りだす

2009年 (第91回)
“夏”という名の宝物

2008年 (第90回)
この一球に、かける夏。