【センバツ2019】福知山成美 野球部ベンチ入りメンバー・注目選手|ダブル主将体制でセンバツへ

福知山成美 5年ぶり3回目

【更新済】公式ガイドブック(3月13日発売)から全出場校のベンチ入りメンバーを更新

福知山成美は、5年ぶり3度目の出場で、京都200勝を狙う。岡田主将は「京都代表は甲子園通算199勝。組み合わせで龍谷大平安とどちらが先の試合になるか分からないが、200勝は自分たちが達成したい」と目標を掲げる。

センバツ/筑陽学園3-2福知山成美

【3月26日】
筑陽学園3-2福知山成美(終了)
成美000 200 000=2
筑陽010 100 10X=3
【筑】西【成】小橋

筑陽学園が接戦で福知山成美を3-2で下す(春夏通じて甲子園での初勝利)。背番号1の西雄大が9回2失点・無四球と好投した。秋の九州大会をすべて2点差以内で勝利してきた粘り強さを、甲子園でも発揮。福知山成美のエース小橋翔大は8回3失点と奮闘するも、打線があと一本が出なかった。

【第4日 3月26日(火)】
福知山成美 2-3 筑陽学園 (結果)
八戸学院光星 0-2 広陵 (結果)
富岡西 1-3 東邦 (結果)
※開門時間:8時 第2試合 29,000人

▷今後の試合スケジュール


チームの特徴

【主な成績】
・京都大会優勝、近畿大会ベスト8

【チームデータ】
・部員数:63人(マネ0)
・8勝1敗
・[率].327[本]2[防]2.41[盗]5
・スポーツ紙評価:B・B・B
(日刊・スポニチ・サンスポ)

【投手力】
・エース小橋翔大は出場選手中、1試合平均の四死球が1.11と星稜エース奥川に次いで2番目。高い制球力を持つ。秋全8試合で登板し、7試合で完投。

【打撃力】
・得点源は、チーム最多の12打点を誇る4番の原陽太。

【トピックス】
・ダブル主将制を採用。新チーム結成時に岡田健吾と小橋翔大の2人が名乗り。選手間投票でほぼ同数だった。
・キャプテン岡田健吾は大食い。焼肉では皆がデザートを食べるタイミングでタンを食べているという。

「スポンサーリンク」

センバツベンチ入りメンバー

【更新済1】公式ガイドブック(3月13日発売)から全出場校のベンチ入りメンバーを更新
【更新済2】直前登録メンバー変更を反映済み(3月18日発表)※赤字で記載

背番号 選手名 投/打 学年/出身中学/中学時代の所属チーム
1 小橋翔大 右/左 3年 成和
2 原陽太 右/右 3年 蜂ヶ岡/京都嵯峨野ボーイズ
3 井戸悠太 右/左 2年 大阪・美木多/大阪狭山ボーイズ
4 岡田健吾 右/右 3年 長岡第二/京都ベースボールクラブ【主将】
5 佐藤翔平 右/右 3年 白糸/舞鶴ボーイズ
6 東原成悟 右/右 3年 蜂ヶ岡/京都嵯峨野ボーイズ
7 人知憲蔵 左/左 2年 大阪・我孫子/兵庫尼崎ボーイズ
8 坂優斗 右/右 3年 三重・天栄/津田四日市シニア
9 神内泰 右/左 3年 綾部
10 佐喜将悟 右/右 3年 大阪・長瀬/東大阪布施ボーイズ
11 橋本翔生 左/左 3年 兵庫・氷上/ベースボールネットワーク
12 池田樹希 右/右 3年 兵庫・小園/兵庫尼崎ボーイズ
→(変更)西山竜也 右/右 3年 三和/福知山ボーイズ
13 阪谷奨真 右/右 3年 兵庫・市島
14 小西公一郎 右/右 3年 滋賀・野洲
15 岩田涼雅 右/右 3年 大阪・山田東/摂津千里丘シニア
16 谷掛元基 右/左 3年 兵庫・西紀/ベースボールネットワーク
17 岡楓馬 右/右 3年 兵庫・豊岡南/但馬ベースボールクラブ
18 山口颯哉 右/両 2年 西京極/京都嵯峨野ボーイズ

【特集記事リスト】
▷組み合わせ日程/対戦カード
▷ドラフト候補・注目選手
▷選手名簿・ベンチ入りメンバー
▷チケット前売券・当日券
▷開幕直前の練習試合結果
▷高校球児の注目進路・進学先

「スポンサーリンク」

センバツ直前トピックス

【3月9日 練習試合】光泉と木津との練習試合を実施。木津戦は10ー2で快勝した。井本自宣監督は「目指すつなぐ野球ができた。エラーが出なかったことも良かった」と話した。小橋投手は「球の切れも一冬越えて良くなってきたように思う」と手応え。

【3月16日 練習試合】滝川第二と練習試合を行い、8-1で勝利。

「スポンサーリンク」

ダブル主将体制でセンバツ向かう

福知山成美は、珍しいダブル主将制を敷く。

新チーム結成時、新主将に2人が名乗りをあげた。岡田健吾と小橋翔大投手だ。同校では間投票で主将を決める。その投票でもほぼ同数。ならばと、井本監督は2人とも主将に任命した。「投手と野手の練習を分けてやるようになり、それぞれのリーダーとして任せることにした」と指揮官は説明。

主将の一人で、エースの小橋翔大は制球力があり、府大会では2試合連続で完封。最速133キロ。スライダーと制球力が武器の技巧派。テンポ良く投げることが特徴。井本監督も「彼がエースというと、たいてい『えっ』と驚かれる。どこにでもいる投手。それが甲子園で投げられるのだから、すごいじゃないですか」と語る。

また、京都府大会決勝で投げた佐喜将悟投手は変化球のキレが良く、成長著しい左腕の橋本翔生投手らいる。

チーム打率は3割2分4厘。府大会で2打席連続本塁打を放った4番・原陽太(2年)を軸に、全員がセンター中心に打ち返すバッティングを心掛け、打線に切れ目がない。ヒットエンドランなどそつのない足技も光る。

「スポンサーリンク」

センバツベンチ入りメンバー

【更新済】公式ガイドブック(3月13日発売)から全出場校のベンチ入りメンバーを更新

けが人などが出た場合は22日まで入れ替え可能。※変更の可能性あり

▷注目選手・ドラフト候補2019

札幌大谷(メンバー) 
札幌第一(メンバー) 
八戸学院光星(メンバー)
盛岡大付属(メンバー)
桐蔭学園(メンバー)
春日部共栄(メンバー)
習志野(メンバー)
山梨学院(メンバー)
国士舘 (メンバー)
横浜 (メンバー)
東邦(メンバー)
津田学園(メンバー)
星稜(メンバー)
啓新(メンバー)
龍谷大平安(メンバー)
明石商業(メンバー)
履正社(メンバー)
智弁和歌山(メンバー)
市立和歌山(メンバー)
福知山成美(メンバー)
広陵(メンバー)
米子東(メンバー)
高松商業(メンバー)
松山聖陵(メンバー)
市立呉(メンバー)
筑陽学園(メンバー)
明豊(メンバー)
日章学園 (メンバー)
大分(メンバー)
石岡第一(メンバー)
富岡西(メンバー) 
熊本西(メンバー)

「スポンサーリンク」

優勝候補アンケート募集中

※1月29日午後12時からアンケート開始※
※投票は一人1回まで※

【受付中】センバツ優勝候補はどこだ!

  • ↓白ボタンからあなたの意見を投票↓

投票結果を見る

Loading ... Loading ...

スポンサー リンク