【不祥事】山形中央・唐津西・星城など11件に処分決定 2021年10月8日

【不祥事】山形中央・唐津西・星城など 2021年10月8日

日本学生野球協会は2021年10月8日、審査室会議で高校11件の処分を決めた。概要は以下の通り。

◆山形中央(山形)
・監督:9月1日〜2年間の謹慎→理由:中学生への不正勧誘

◆横手城南(秋田)
・監督:8月23日~1か月の謹慎→理由:暴言と不適切行為(部内)

◆帝京三(山梨)
・コーチ:8月27日~1か月の謹慎→理由:体罰(部内)

◆星城(愛知)
・副部長:8月25日~2か月の謹慎→理由:暴力(部内)と報告義務違反

◆大阪偕星学園(大阪)
・部長:7月27日~1か月の謹慎→理由:報告遅れ

◆広島観音(広島)
・監督:9月15日~1か月→理由:不適切指導

◆観音寺総合(香川)
・監督:9月10日~1か月の謹慎→理由:暴言(部内)

◆福岡西陵(福岡)
・監督:8月31日~1か月の謹慎→理由:不適切指導(部内)

◆唐津西(佐賀)
・監督:7月27日~3か月の謹慎→理由:不適切指導(部内)
・部長:8月4日~3か月の謹慎→理由:報告遅れ

◆川内商工(鹿児島)
・対外試合禁止:9月8日~1か月→理由:部員の無免許運転とそのほう助

◆A県B校
・副部長:除名→理由:児童買春(被害者保護のため都道府県名と校名は非公表)

※高校野球これまでの不祥事一覧