【不祥事】日本文理•関西•下関国際•松江農林•横浜清陵など処分 2022年2月1日

【不祥事】日本文理•関西•下関国際•松江農林•横浜清陵など処分 2022年2月1日

日本学生野球協会は2022年2月1日に審査室会議を行い、高校11件の処分を発表。概要は以下の通り。

<対外試合禁止処分>
◆日本文理(新潟)
・理由:部員の部内暴力とSNSの不適切使用
・期間:21年1月26日から3か月

◆都道府県CのD校
・理由:部員の不適切動画の拡散と飲酒
・期間:21年1月12日~1か月


<謹慎処分>
◆関西(岡山)の監督
・理由:体罰(部内)
・期間:21年12月13日~1か月

◆下関国際(山口)のコーチ
・理由:体罰(部内)と報告義務違反
・期間:21年12月11日~2か月

◆松江農林(島根)の監督
・理由:不適切指導と暴力(部内)
・期間:21年11月15日~3か月

◆横浜清陵(神奈川)の監督
・理由:不適切指導と暴力(部内)
・期間:21年9月29日から3か月

◆星槎国際湘南(神奈川)
・理由:中学生との接触ルール違反
・期間:前部長=21年9月30日から3か月
・期間:部長、監督=1月10日から3か月

◆都道府県FのF校の監督
・理由:セクハラ行為(部内)
・期間:21年12月27日~1か月


<除名処分>
◆九十九里(千葉)の顧問
・理由:痴漢と強制わいせつ

◆周防大島(山口)の部長
・理由:公然わいせつ

◆都道府県AのB校の監督
・理由:強制わいせつ

※これまでの高校野球 不祥事一覧※