【不祥事】利府・堀越・飛龍・磐田東・大阪学院・山口桜ケ丘・飯塚に処分決定|2022年6月17日

【不祥事】利府・堀越・飛龍・磐田東・大阪学院・山口桜ケ丘・飯塚に処分決定|2022年6月17日

日本学生野球協会は2022年6月17日、審査室会議で、次の高校7件の処分を決定。(高校7校:利府・堀越・飛龍・磐田東・大阪学院・山口桜ケ丘・飯塚) 処分内容と概要・事由は、以下の通り。

◆利府(宮城)
①部長(58):5月19日から6カ月の謹慎処分
②監督(51):4月1日から6カ月の謹慎処分
・事由:県外遠征に関する県高野連への虚偽報告


◆堀越(東京)
①コーチ(44):5月13日から2カ月の謹慎処分
・事由:部内体罰と報告義務違反


◆飛龍(静岡)
①監督(64):5月13日から2カ月の謹慎処分
・事由:部内の不適切発言
②副部長(48):5月13日から2カ月の謹慎処分
・事由:部内体罰と不適切発言、報告義務違反
③副部長(24):5月13日から4カ月の謹慎処分
・事由:部内体罰と報告義務違反


◆磐田東(静岡)
①副部長(28):6月4日から謹慎1カ月
・事由:部内体罰


◆大阪学院(大阪)
①顧問(59):5月4日から4カ月の謹慎処分
・事由:部内体罰と報告義務違反
②監督(50):5月4日から7カ月の謹慎処分
・事由:部内体罰と不適切発言、報告義務違反
③コーチ(31):5月4日から3カ月の謹慎処分
・事由:部内暴言


◆桜ケ丘(山口)
①監督(53):5月6日から4カ月の謹慎処分
・事由:部内体罰と報告義務違反


◆飯塚(福岡)
①2•3年生(4人):4月24日から1ヶ月の対外試合禁止
・事由:4人による1年生部員2人への部内暴力


※なお、5月先月下旬に1・2年生の部員同士のトラブル(暴力など)で活動を停止していた聖カタリナ学園は、厳重注意処分に。夏の愛媛大会には3年生部員のみ出場予定。1・2年生は秋季愛媛県大会にも参加できない。なお、同校は監督と部長について、今年度は野球部の指導から外すと発表。

※これまでの高校野球における不祥事一覧※