【がばい旋風】佐賀北 副島浩史が唐津工業監督に就任/決勝で逆転満塁ホームラン

佐賀北 副島浩史が唐津工業監督に就任/決勝で逆転満塁ホームラン

2007年夏の甲子園で「がばい旋風」を巻き起こし全国制覇を果たした佐賀北高校。あの広陵との決勝戦で逆転満塁ホームランを放った副島浩史氏が、2018年11月に佐賀県・唐津工業の野球部監督に就任した。

副島氏は、福岡大学を経て、佐賀銀行に入行。その後、2014年夏に退職し、18年4月から唐津工業高校に着任。保健体育の教諭で野球部の副部長を務めていた。

1989年5月31日生まれの29歳。佐賀市出身。

「スポンサーリンク」

2007年夏、佐賀北の「がばい旋風」

(1)開幕戦を引き当て、福井商に2-0で勝利。
(2)2回戦は、宇治山田商(三重)と延長15回引き分け再試合を制す
(3)3回戦は、前橋商(群馬)を5-2で下す
(4)準々決勝は、帝京(東東京)に延長13回サヨナラ勝ち
(5)準決勝は、長崎日大に3-0で勝利
(6)広陵(広島)との決勝は、4点差を8回にひっくり返す逆転勝利
→副島浩史(そえじま・ひろし)が逆転満塁ホームランを放つ。