【進路】島袋翔斗(八戸学院光星)は創価大学へ進学|高校時代エピソード【沖縄出身】

【進路】島袋翔斗(八戸学院光星)は創価大学へ進学【沖縄出身】

沖縄出身のスピードスター島袋翔斗(八戸学院光星)は、2020年春に創価大学へと進学する。

以下では、主に高校時代におけるエピソード等を紹介する。



《高校時代のエピソード》

◉八戸学院光星では、2年生ながら2018夏の甲子園でベンチ入り

◉沖縄県出身。中学2年の冬から、平日は沖縄で過ごして金曜夜に飛行機に乗り、週末は東京で練習する生活を送る。東京・志村ボーイズ所属。また、小学生時代は、ヤクルトスワローズジュニアに所属

◉50m5秒9の俊足。中学時代には、陸上100m走で那覇地区大会で2位。11秒5の好記録で県大会でも上位進出の経験を持つ

◉足を生かすため、高校入学後に左打者に転向した

◉明治神宮大会では、野球専門ウェブメディアのテストで、一塁到達までの塁間タイムが4.07を記録。参加した全国の選手で2位に輝いた

スポンサー リンク