【不祥事】浜松湖北 野球部監督が暴力、部員の前歯折れる/2019年

浜松湖北 野球部監督が暴力、部員の前歯折れる/2019年

静岡県教育委員会は、2019年5月23日、野球部の練習後に男子生徒に体罰を加えて前歯を折るけがを負わせたとして、県立浜松湖北高校佐久間分校の男性教諭(30)を同日付で戒告の懲戒処分にしたと発表。

野球部監督が部員に暴力

男性教諭は、野球部の監督。2019年3月8日、野球部の練習後に部員の男子生徒が用具の片付けをしないことなどに怒り、両腕で生徒の首あたりを抱え込むようにつかんで投げた。

その結果、生徒は体勢を崩して倒れ、校舎の壁に設置した鉄製パイプにぶつかり、前歯2本を折るけが。男性教諭はただちに生徒を病院に搬送し、生徒と両親に謝罪したという。

今回の問題で男性教諭は日本学生野球協会から部活動指導について3月9日以降、謹慎3カ月の処分を受けている。

これまでの高校野球不祥事一覧

スポンサー リンク