【特集ページ】智弁和歌山 林晃汰・広島カープがドラフト3位で指名|高校通算49本塁打

智弁和歌山 林晃汰 広島カープが3位で指名!

和歌山県岩出市出身。身長182センチ、体重88キロで、高校1年春からベンチ入りし、チームの主軸として今春の選抜大会準優勝にも貢献。甲子園通算68勝の名将、高嶋仁前監督もほれ込んだ長打力が魅力で、高校通算49本塁打を誇る。広島カープに3位指名された。

高嶋名誉監督が授けた言葉

広島ドラフト3位・林晃汰(智弁和歌山)が1月6日に入寮した。高嶋仁名誉監督から贈られた色紙には『努力は一生、栄光は一瞬』という言葉が書かれていた。

林は「僕がプロ野球の世界に入るにあたって考えてもらった言葉です。しっかり練習したいです」とコメントしている。母校へ別れのあいさつ時には、高嶋監督から「しっかり練習しろよ」と激励を受けた。

契約金4500万円、年俸600万円で仮契約

広島からドラフト3位で指名された智弁和歌山の主砲・林晃汰が11月15日、契約金4500万円、年俸600万円で仮契約した。背番号は未定。高校通算49本塁打を誇るスラッガー。

林のコメント

「やっとプロ野球の世界に入れたという気持ちです。自分は長打が売りなのでどの方向にも長打が打てるところをアピールしていきたいです。しっかり自分の長所をいかして、ファンに愛される選手になっていきたいです。早く1軍で活躍できるように頑張りますので、応援よろしくお願いします」

「スポンサーリンク」

ドラフト指名挨拶を受けてコメント

広島にドラフト3位指名された智弁和歌山・林晃汰が11月8日、指名挨拶を受けた。

帽子をかぶせてもらい「似合ってると言われてうれしかったです。赤のチームなので、やりやすいかなと思います」と笑顔。

高校通算49本塁打の主砲は日本シリーズを見て「すごかったです。ホームランが参考になりました」と感激。「野球選手としてクリーンアップとして、チャンスで1本打てるような選手になりたいです」と話した。

目標のホームラン数について聞かれると「40本、打てたらいいなと思います」と語った。

<広島>ドラフト結果一覧
◆支配下
1位 小園 海斗(報徳学園高)内野手
2位 島内 颯太郎(九州共立大)投手
3位 林 晃汰(智弁和歌山高)内野手
4位 中神 拓都(市岐阜商高)投手
5位 田中 法彦(菰野高)投手
6位 正隨 優弥(亜細亜大)外野手
7位 羽月 隆太郎(神村学園高)内野手
以降 選択終了
◆育成
1位 大盛 穂(静岡産業大)外野手

「スポンサーリンク」

林晃汰 ドラフト後のコメント

広島東洋カープから3位指名を受けた智弁和歌山・林晃汰

「長打力が武器なので(首位打者、本塁打王、打点王の)三冠王をとりたい」と活躍に意欲をみせた。広島については「今年の(リーグ)優勝チームで勢いがある。智弁和歌山とチームカラーが似ていて、やりやすそう」と話した。

中谷仁監督は「プロは第一印象が大切。一軍に上がって、プロ第1号のホームランを打ってほしい」。

高嶋前監督も「いい球団に入った。高校時代はおとなしかったので、プロに入ったらがむしゃらにやってほしい。人よりも2倍、3倍練習して、早くレギュラーを取ってほしい」

「スポンサーリンク」

夏の甲子園後の談話

「自分が打てなかった。最後の最後まで迷惑をかけた。相手が強かったので後悔はありません」と語った。

今後の進路については「あまり今は考えていない。上で野球をするならレベルアップをしたい」と語っていた。

春季近畿大会でのコメント

選抜甲子園・創成観戦での一発

スポンサー リンク