【不祥事】菰野高校・越生高校 野球部で部内暴力、夏大会は出場可能/2019年6月

【不祥事】菰野高校・越生高校 野球部で部内暴力、夏大会は出場可能

日本学生野球協会は2019年6月18日、高校10件の処分を決定した。

菰野高校(三重)では、3年生3人・2年生1人が、1年生2人に部内暴力をふるい、6月9日から1カ月の対外試合禁止。

また、越生高校(埼玉)では、1年生5人が1年生2人に部内暴力をふるい、5月31日から1カ月の対外試合禁止となる。両校とも第101回の夏の選手権大会は出場できる。

A県B校(非公開)は昨年6月22日、部員6人による1人への部内いじめが発覚。被害者は自殺している。3月27日から6カ月の対外試合禁止を科された。

10件の処分内容は以下の通り




【対外試合禁止6カ月】
校名・都道府県名非公表=3月27日から、部員のいじめ

【対外試合禁止1カ月】
越生(埼玉)=5月31日から、部員の暴力
菰野(三重)=6月9日から、部員の暴力

【謹慎7カ月】
誠信(愛知)のコーチ=5月9日から、暴力、暴言、報告義務違反

【謹慎4カ月】
上越(新潟)のコーチ=5月7日から、暴力、暴言、報告義務違反

【謹慎3カ月】
郡山北工(福島)の監督=5月24日から、新入生徒の練習参加規定違反
村野工(兵庫)の監督=6月3日から、暴力

【謹慎2カ月】
市原緑(千葉)の監督=5月8日から、暴力、報告義務違反
江戸崎総合(茨城)の監督=5月17日から、暴力、報告義務違反

【謹慎1カ月】
日田(大分)の監督=5月15日から、暴力

▶︎これまでの不祥事一覧

スポンサー リンク