【注目選手】井上慶秀、一橋から東大再受験し、野球部へ!長野高校・飯山市出身

【注目選手】井上慶秀、一橋から東大再受験し、野球部へ!長野高校・飯山市出身

東京大学野球部に異色の経歴を持った選手が入部した。

大学1年生ながら、年齢は21歳。

175センチ・105キロの巨漢、井上慶秀だ。

なぜ、大学1年生にも関わらず、21歳なのか。

それにはワケがある。

「スポンサーリンク」

井上慶秀は長野高校出身(飯山市)

井上慶秀は、長野県の飯山出身。雪深い土地だ。

長野県随一の進学校・長野高校へ進学。

長野高校から、2浪を経て、一橋大学へ入学した。そこで、準硬式野球部に所属していたが、それでも「どうしても東大で野球をやりたい」と再び東京大学の受験に挑み、見事合格。

そして、1年生ながら東京六大学のベンチ入りを果たしたのである。

井上 慶秀のプロフィール

いのうえ けいしゅう
文科III類
右投右打
175cm 105kg
長野県立長野高校
誕生日 1996-08-08
長野県出身

スポンサー リンク