【注目投手】岩倉高校 エース宮里優吾、最速140キロの本格右腕|ベスト8導く好投

岩倉高校 エース宮里優吾、本格右腕|チームベスト8導く

18年秋季東京大会で注目を集めた投手。

岩倉高校のエース宮里優吾(背番号1)。

身長は181センチ、体重は78キロのめぐまれた体格。

最速は140キロを誇る。

秋季東京都本大会では、強豪チーム・八王子を3-2、立正大立正を3-1で撃破。

準々決勝に駒を進め、東海大菅生に惜しくも3-1で敗れたが、力のあるストレートと縦に落ちるような変化球で、神宮第二球場の高校野球ファンの注目を浴びた。

マウンド上ではクールな表情を浮かべるが、投げる瞬間に見せる表情はあのマー君こと田中将大を彷彿とさせる。

秋の悔しさを胸に、春・夏を活躍を期待したい。

「スポンサーリンク」

東海大菅生戦(2018秋季大会 準々決勝)


「スポンサーリンク」

八王子戦(2018秋季大会)


「スポンサーリンク」

岩倉高校・18年秋季大会の戦歴

10月20日 秋季東京大会
3回戦 3-1 立正大立正

10月14日 秋季東京大会
2回戦 3-2 八王子

10月6日 秋季東京大会
1回戦 4-1 立志舎

9月16日 秋季東京大会
1次予選 4-2 大田桜台

9月8日 秋季東京大会
1次予選 34-0 練馬工

スポンサー リンク