【進路】宮里優吾(岩倉高校)は東京農業大学へ進学|高校時代エピソード【東京屈指の本格右腕】

【進路】宮里優吾(岩倉高校)は東京農業大学へ進学【東京屈指の本格右腕】

2019年世代の屈指の好投手・岩倉高校の宮里優吾は、2020年春に東京農業大学へ進む。

以下では、主に高校時代におけるエピソード等を紹介する。



《高校時代のエピソード》

◉2019年世代の東京大会屈指の本格右腕として注目。プロスカウトも視察していたドラフト候補。

◉同世代における「キューバ遠征東京選抜代表メンバー」に選出された経験を持つ。

◉マウンド上ではクールな表情を浮かべ、投げる瞬間に見せる表情はあのマー君こと田中将大を彷彿とさせる雰囲気を持つ。

◉2018年の秋季東京大会は、8強。準々決勝では、東海大菅生に3-1で敗れるも、ストレートと縦に落ちる変化球が冴え渡り、多くの注目を集めた。

◉2019年の夏は、初戦・東洋に2-0で勝利。2回戦・朋優学院戦は、延長12回 2-1で勝利。その後、5回戦の都立高島戦は、リードされる展開の6回から登板し無失点に抑えるも1-4で敗れた。

◉目標とする投手は、ソフトバンク千賀滉大

スポンサー リンク