【東京五輪後】神宮球場は移転、神宮第二は解体へ!2020年以降の再開発

神宮球場は移転、神宮第二がなくなる

明治神宮外苑の神宮球場や秩父宮ラグビー場、神宮第二が、東京五輪以降に大きな変貌を遂げると日経新聞が報じた(2018年7月24日)。

(1)まず、神宮球場と秩父宮ラグビー場の場所が入れ替わる。

(2)さらに、神宮第二を解体して跡地に新たなラグビー場を建設するという計画だ。

(3)また、新しい球場とラグビー場の間は大きな広場とする。

一連の工事が開始されるのは2020年の東京五輪以降となる。

2020年代の後半には、これら神宮雨外苑の再開発が完了する見通し。

▷2020年の高校野球東京大会で神宮球場が利用できない

スポンサー リンク