【進路】香川卓摩(高松商業) 社会人野球・JFE西日本へ入社|高校時代エピソード【春夏甲子園出場の左腕エース】

【進路】香川卓摩(高松商業) 社会人野球・JFE西日本へ入社【春夏甲子園出場の左腕エース】

2019年の春夏甲子園出場を果たした高松商業の小さな巨人左腕・香川卓摩は、2020年春に社会人野球 JFE西日本へ進む。

以下では、主に高校時代におけるエピソード等を紹介する。



《高校時代のエピソード》

◉2019年のセンバツ・夏の甲子園に出場した高松商業の左腕エース。高校時代最速は142キロ、身長は166センチと小柄ながら、躍動感とキレのある投球が持ち味。

◉父も兄も高松商業の野球部出身。父は夏の甲子園に出場した96年のチームで中堅手として活躍した。

◉高校入学前は、県外校を志していたが、2016年のセンバツで高松商業が準優勝したのを見て「地元でみんなで力を合わせて行くのもいいかなと思った」と同校への入学を決めた。

◉甲子園大会中には「普段から緊張することはない。観客が多いと盛り上がるタイプ」とコメントしていた。

スポンサー リンク