【注目投手】金足農業・背番号1の新エースは関悠人(2年)「プレッシャーはかなりあります」

金足農業・背番号1の新エースは関悠人(2年)

2018年夏の甲子園で準優勝を果たした金足農業の新チームがスタートした。

エース吉田輝星からエースナンバー背番号1を引き継いだのは、関悠人(2年)だ。造園緑地学科所属。

「吉田さんのあとでプレッシャーは、かなりあります。自分の持ち味は制球力なので、精いっぱい全力で勝ち上がっていきたい」

コメントしている。

U18から戻ってきたばかりの吉田からは、

『ベルト付近が多いから、ワンバウンドになってもいいから低めに投げろ』とアドバイスをもらったという。

吉田輝星の準備運動に付き合った関係

吉田の準備運動の最後は遠投。関悠人が相手を務めていた。

吉田は、相手を固定することで、日々の違いを敏感に感じとっていたという。

関は「吉田さんからは、はっきり言ってくれと」といわれる。約70メートルの遠投で球の回転、伸び、キレを確認。

「たまにシュート回転したり、伸びて来なかったりするんです。ちゃんと伝えると肘の高さを調整したり、フォームを変えています」。

「スポンサーリンク」

関悠人のプロフィール

  • 2年
  • 168センチ 65キロ
  • 右投げ右打ち
  • 制球力で打たせてとる投球が持ち味
  • 竹などを結ぶ「ロープワーク」が得意

【スポンサードリンク】