【注目進路】金足農業 打川和輝 東日本国際大学へ進学へ|サードで4番

金足農業 打川和輝 東日本国際大学へ進学へ

【熱闘甲子園DVD 11月21日発売】
※夏の第100回記念大会 55試合完全収録

夏の甲子園を沸かせた金足農業の4番サード・打川和輝が東日本国際大(福島)に合格。

夏の甲子園では、大阪桐蔭との決勝戦で6回から登板し3回1失点。福井国体でも常葉大菊川戦でリリーフし、2回無失点に抑える「投手」としてのポテンシャルを見せた。

185センチ、90キロの恵まれた体格を誇る金足農業の右の大砲。

中泉一豊監督(46)は「吉田がいなければ、文句なしにエース」と高く評価している。

「スポンサーリンク」

東日本国際大学野球部とは

南東北大学野球リーグの雄。2018年秋は、3季連続30度目の優勝。

打川和輝のプロフィール・経歴

うちかわ・かずき
2000年7月20日、秋田県生まれ
八橋小4年で野球を始め、泉中では軟式野球部に所属
金足農では1年秋からベンチ入り
185センチ、90キロ
右投げ右打ち
家族は両親と妹

「スポンサーリンク」

大阪桐蔭-金足農業 決勝戦|第100回目の夏 写真レポート

春夏連覇を果たした大阪桐蔭、大旋風を秋田・金足農業、夏の甲子園・決勝を写真レポートとともにお送りします。

第100回目の夏、出場3781チームのうち、最後まで残った2チームは大阪桐蔭と金足農業。

試合終了後、そこには笑顔と涙がありました。

たくさんの人を感動させ勇気づけてくれ選手、サポートメンバー、それを支えた家族や関係者の皆さん、

本当にありがとう。

※少し読み込みに時間がかかります。


「スポンサーリンク」


「スポンサーリンク」


「スポンサーリンク」


「スポンサーリンク」


「スポンサーリンク」


「スポンサーリンク」


「スポンサーリンク」

スポンサー リンク