【ドラフト候補】白樺学園・片山楽生 エースの名前は「らいく」/ブレイク予感の右の本格派

白樺学園・片山楽生 エースの名は「らいく」

※ドラフト会議2020年|指名なし(育成含む)

ドラフト候補・白樺学園のエースは、片山楽生(3年・らいく)。最速ストレートは148キロを誇る右腕で、フィニッシュを含めた投げっぷりのカッコよさは、今後のブレイクを予感させる。

名前の読み方は「らいく」。片山が生まれる1年ほど前、母の父がなくなり、その父の分まで楽しく1日1日を生きてほしいとの思いを込めて、母が「楽・生」の漢字を決めた。野球部OBの父が「海外でも呼びやすく好かれる人間に」という意味もこめて「ライク」との読みを決めたという。

縦、横の2種類のスライダーやチェンジアップ、カーブ、カットボールなど多彩な球種を持つ。「投手」に戻ったのは2019秋の新チーム結成後。軟式の中学時代はエースで4番、全国大会4強入りという経歴も持つ。



誰もが認める読書家。寮の書斎は片山本だらけ

普段は読書家で、桑田真澄や野村克也、古田敦也の著書を寮にそろえるという。

チームメイトからは、

「とにかく読書量がすごい。部屋には本棚3つぶん、100冊以上の野球の本があって、毎日決まった時間に読んでます。その他に寮には共有スペースの書斎があるんですが、そこの蔵書もほとんど片山の私物。外出が認められている毎週日曜には決まって本屋に行って、その週に読む本を買い込んでます」

と言われるほど。

高校野球・最後ゲーム 白樺学園 3-8 山梨学院

2020年甲子園交流試合 白樺学園 3-8 山梨学院(8月17日)

片山の高校野球最後のゲームは、聖地・甲子園で山梨学院と対戦し、3-8で敗れた。先発登板し、5回2失点。試合は、共に切磋琢磨してきた3年生・2年生の投手陣での継投となった。

試合後、山梨学院の校歌が甲子園に響き渡った。1塁側ベンチ前に整列した片山の目には涙があった。

「つらいこともあったけど、これで終わりなんだなと思ったら涙が出てきた。・・・泣いても笑っても最後。できることをすべてやろうと。2失点したが自分らしい投球はできた」とコメントを残している。



片山楽生(白樺学園)プロフィール・出身・経歴

読み方:かたやまらいく
誕生日:2002年10月7日
50mタイム:6.5秒
出身中学:音更町立共栄中学校
所属チーム:野球部
趣味:読書
好きな野球選手:松本航
好きな球団:なし
将来の夢:プロ野球選手
好きな食べ物:なし
苦手な食べ物:なし
好きなタレント:なし
ニックネーム:

【ドラフト会議2020年 指名結果一覧】

スポンサー リンク