【高校野球】木更津総合10-2国士舘(7回コールド)!試合レポート・結果(春季関東大会2018)

木更津総合10-2国士舘(7回C)

【試合終了】木更津総合10-2国士舘(7回コールド)

木更津総合が先頭打者ホームランなどで序盤からリード。国士舘は、木更津の先発・野尻、エース白井を打ち崩せず。

「スポンサーリンク」

木更津総合・国士舘花の注目選手

攻守で安定する木更津総合(千葉1位)は、プロ注目で最速147キロの草薙柊太石井崚太、井田尚吾(ともに3年)の左腕トリオ擁する国士舘(東京2位)と対戦する。

「スポンサーリンク」

試合レポート



「スポンサーリンク」



「スポンサーリンク」



「スポンサーリンク」

スポンサー リンク