【試合結果】木更津総合 10-1 市立船橋(7回)、根本・篠木のリレーで勝利【秋季千葉大会2018】

木更津総合 10-1 市立船橋(7回)、根本・篠木のリレーで勝利

秋季千葉県大会 2018年9月24日(月)

木更津総合 秋から背番号1を背負うのは甲子園でも話題になった根本太一。最速149キロを誇る。一年生の篠木は背番号10で外野でキャッチボール。市立船橋との試合は3回終了し、8−0で木更津総合がリード。三年生も応援に来ています。

木更津総合 10−1 市立船橋 (7回コールド)

先発はエース根本太一、二番手は甲子園のマウンドを経験した一年生の篠木健太郎(背番号10)。

個人的に気になったのは、三番手としてブルペンで投球練習していた川端光明(背番号11)。球のスピードもあり、変化球のキレも。秋、注目したい。

スポンサー リンク