高校野球から直メジャー(MLB)行きのルール徹底へ|違反すれば夏の大会出場できず

高校野球から直メジャー行きのルール徹底へ|違反すれば夏の大会出場できず

日本野球連盟は、大リーグ球団(メジャー)との「接触ルールの徹底」を求める通達を加盟全チームに出したことが2018年12月13日、分かった。日刊スポーツが報じた。

高校球児がメジャーとの接触を開始可能な時期は、高校卒業後の5月15日を待ち、事前登録する。すると同年7月2日から契約が可能となる。高校三年生の時に野球部員に部員登録をしていると、大会への出場資格を失って、甲子園等に出場できなくなる。(例えば、帰宅部の高校三年生なら5月に事前登録は可能)

大学生も同様で、卒業後の5月15日を待つ必要がある。また、社会人はシーズンオフなどに退社し、登録抹消して5月15日を待つ必要がある。

海外アマ選手登録制度とは

大リーグが2012年から採用しているルール。大リーグが、1995年9月1日以降に生まれた日本のアマチュア選手を獲得するためには、毎年5月15日までに事前登録されている必要がある。登録された選手は米大リーグ機構(MLB)から6月に公示され、7月2日から各球団との契約が可能になる。


申請時期について

この「海外アマ選手登録制度」の登録には、書類の提出が必要。仮に現役の高校生、大学生、社会人が事前登録された場合は、5月以前に大リーグ側と接触したことが明るみに出る。

規定違反となり、高校生なら地方大会や夏の甲子園への出場資格を失う。大リーグが導入した制度と絡み合い“直メジャー”は新たな局面を迎えている。

中学卒業からメジャーへ:結城海斗

2018年、中学から高校進学せずに、ロイヤルズとマイナー契約を結んだのは結城海斗投手だ。

身長188センチ、最速144キロを誇る大型右腕。2018年3月に中学を卒業し、多くの強豪校から誘いを受けたが進学せず、直接メジャー球団と契約した。契約年数は7年。

結城海斗(ゆうき・かいと)

2002年(平14)5月12日生まれ、大阪府羽曳野市出身。小学1年から道明寺レッドタイガースで野球を始める。小3から羽曳野ブラックイーグルス、峰塚中では河南リトルシニアに所属。直球の最速は144キロ。変化球はカーブ、縦横2種類のスライダー、スプリットの4種類。得意球は縦横2種類のスライダー。好きな食べ物は鶏料理。家族は両親と弟。188センチ、73キロ。右投げ右打ち。

スポンサー リンク