【ジャイアンツ】巨人が補強強化中 獲得選手 外国人選手一覧|2018-2019

<巨人>補強最新情報

FA宣言を行った広島=丸、西武=住谷、さらにはマリナーズに所属していた岩隈などを次々に獲得。外国人助っ人としては、パドレスに所属したビヤヌエバを獲得した。

巨人の補強選手一覧|随時更新

本ページで随時更新

ライアン・クック投手(31=マリナーズFA)
1年契約で推定年俸は130万ドル(約1億4300万円)。背番号は高橋前監督の24。150キロ超の救援右腕。切れ味鋭いスライダーにチェンジアップとツーシームを備える。11年にメジャーデビューし、12年のアスレチックス時代にはセットアッパーとクローザーとして71試合で6勝2敗14セーブ21ホールドで防御率2・09をマーク。同年4月のオリオールズ戦で史上61人目の1イニング4奪三振も記録し、球宴出場も果たした。16年に右肘の靱帯(じんたい)再建手術(トミー・ジョン手術)を受け、昨年まで2年連続でメジャー登板から遠ざかったが、今季はマリナーズで19試合2勝1敗、防御率5・29と復活への足掛かりをつくった

岩隈久志投手(37=前マリナーズ)
日米通算170勝。1年契約で年俸5000万円。背番号21

丸佳浩外野手(29=前広島)
FAで獲得。5年総額25億5000万円、年俸4億5000万円。背番号8

炭谷銀仁朗捕手(31=前西武)
FAで獲得。3年総額6億円か。背番号27

中島宏之内野手(36=前オリックス)
オリックスを自由契約に。1年契約で年俸1億5000万円。背番号5、ゲレーロは44に変更

クリスチャン・ビヤヌエバ内野手(27=前パドレス)
1年契約、年俸総額2億2000万円。背番号は33。今季メジャー110試合で2割3分6厘、20本塁打、46打点。右投げ右打ち

山下亜文投手(22=前ソフトバンク育成)
合同トライアウトを経て育成契約。171センチの左腕。2軍通算成績は3試合0勝0敗0セーブ、防御率は7・71

イスラエル・モタ外野手(22=元ナショナルズ傘下マイナー)
育成契約。年俸2万ドル(約220万円)。背番号014。右打ち。188センチの長距離砲タイプ。ドミニカ共和国出身

レイミン・ラモス投手(22=レイズ傘下マイナー)
育成契約。年俸2万ドル(約220万円)。背番号025。150キロ前後の直球を誇る救援右腕。ドミニカ共和国出身

レイミン・ラモス投手(22=レイズ傘下マイナー)
育成契約。年俸2万ドル(約220万円)。背番号014。150キロ前後の直球を誇る救援右腕。ドミニカ共和国出身

「スポンサーリンク」

巨人 戦力外、引退、移籍選手/一覧

長野久義外野手(34)→丸のFA人的補償で広島移籍
内海哲也投手(36)→炭谷のFA人的補償で西武移籍
橋本到外野手(28)→金銭トレードで楽天移籍
上原浩治投手(43)→自由契約→巨人と再契約
杉内俊哉投手(37)→現役引退→ファーム投手コーチ
山口鉄也投手(34)→現役引退→アカデミーコーチ
西村健太朗投手(33)→現役引退→アカデミーコーチ
脇谷亮太内野手(36)→現役引退→スカウト
アルキメデス・カミネロ投手(31)→退団→メッツとマイナー契約
篠原慎平投手(28)→戦力外通告→合同トライアウト受験→現役続行希望
廖任磊投手(25)→戦力外通告→合同トライアウト受験→西武
与那原大剛投手(20)→自由契約→育成契約
河野元貴捕手(27)→戦力外通告→合同トライアウト受験→未定
ケーシー・マギー内野手(36)→退団→未定
寺内崇幸内野手(35)→戦力外通告→現役引退→BC栃木監督
中井大介内野手(28)→戦力外通告→合同トライアウト受験→DeNA
辻東倫内野手(24)→戦力外通告→合同トライアウト受験→アカデミーコーチ
青山誠外野手(26)→戦力外通告→合同トライアウト受験→JX-ENEOS
成瀬功亮投手(26)→戦力外通告→アカデミーコーチ
田中大輝投手(26)→戦力外通告→現役引退→未定
松沢裕介外野手(26)→戦力外通告→合同トライアウト受験→会社員

スポンサー リンク