【年俸推移も】楽天・松井裕樹、結婚したってよ|お相手は石橋杏奈(ソフトバンクファン)

楽天・松井裕樹、結婚|お相手は石橋杏奈

桐光学園から2013年にドラフト1位で楽天に入団した松井裕樹(23歳)と、女優・石橋杏奈(26歳)が12月13日、「結婚」を発表した。

2018年12月13日に婚姻届を提出、12月初旬にすでにハワイで結婚式をあげていた。同居はこれからだという。石橋杏奈は引退することなく、今後も女優業と家庭を両立していく。

2人は2017年6月、友人を介して知り合い、その後、交際に発展した。

デートからプロポーズまで

2017年7月、球宴休みのわずかな時間を利用して松井が上京。ディズニーランドでデートした後に、真剣交際を申し込んだ。その後、仙台在住の松井が遠征で東京に訪れた際に食事をするなど、ゆっくりと時間を重ねていった。今年に入り、思い出のディズニーランドホテルでバラの花束とともにプロポーズ。見事サプライズに成功した。


松井裕樹の年俸推移・活躍

楽天では、1年目から27試合に登板。2年目からは守護神の座に就き、3年連続で30セーブをマーク。2018年シーズンは、開幕から不調に陥り、2軍降格なども味わい、シーズン終盤には先発としても起用された。それでも53試合に登板し5勝8敗5セーブ11ホールドをマーク。9月16日のロッテ戦では史上最年少で100セーブを達成。

2018年 1億4000万円
2017年 9000万円
2016年 6500万円
2015年 2500万円
2014年 1500万円

石橋杏奈はソフトバンクファン

石橋は福岡出身。

兄と弟がおり、兄と弟が野球をやっていたため物心ついた頃からの野球好きだという。地元・福岡ソフトバンクホークスの大ファンで、子供の頃は城島健司と秋山幸二のファンだったという。また、ホークスファンだが北海道日本ハムファイターズの中村勝のファンでもある。

2017年のホークスの開幕戦で始球式を務め、見事なノーバウンドの投球を披露していた。

結婚コメント・石橋杏奈

「彼の野球に対するまっすぐな姿勢や素直で無邪気な性格に惹かれ傍に居たいと思うようになりました。彼の活躍が2人の幸せでもあるので日々刺激をもらいながら私も出来る限りのサポートをしていきたいと思っております。これからは夫婦としてどんなときも手を取りあい思いやりの気持ちをもって共に歩んでいきたいと思います。まだまだ未熟者ではありますが温かく見守って頂けたら嬉しいです」

結婚コメント・松井裕樹

「私事ではございますが、本日12月13日に、かねてよりお付き合いをしておりました石橋杏奈さんと入籍しましたことをご報告させていただきます。これからは妻のため、そして日頃より応援してくださるファンの皆さまの期待に応えるため、より一層野球に精進してまいります。まだまだ未熟者ですが、温かく見守っていただけたらうれしいです。これからも応援よろしくお願いします」


松井裕樹と石橋杏奈のプロフィール・出身

松井裕樹(まつい・ゆうき)
1995年(平7)10月30日、横浜市生まれ。中学3年に所属していた青葉緑東リトルシニアでは全日本選手権で優勝。桐光学園では2年夏の甲子園で10連続を含む1試合22奪三振の記録を樹立した。14年に楽天にドラフト1位で入団し、15年から抑え。15年のプレミア12では侍ジャパンに選出された。通算253登板16勝25敗101セーブ。174センチ、74キロ。左投げ左打ち。

石橋杏奈(いしばし・あんな)
1992年(平4)7月12日、福岡県出身。06年11月、第31回ホリプロタレントスカウトキャラバンでグランプリ受賞。07年、テレビ朝日系ドラマ「失踪HOLIDAY」でデビュー。趣味は料理と読書。162センチ。血液型A。

スポンサー リンク