【注目選手】大阪桐蔭・宮本涼太は副主将に。藤原恭大と同じ枚方ボーイズ出身

大阪桐蔭・宮本涼太は副主将に。藤原恭大と同じ枚方ボーイズ出身

▷秋季大阪大会の組み合わせ日程が決定

小・中学時代は「オール枚方ボーイズ」に所属

小、中学生ともに枚方市の硬式野球チーム「オール枚方ボーイズ」に所属。そう、あの熊本・秀岳館の元監督で、県立岐阜商業の監督に就任した鍛治舎巧が作ったチームだ。

一歳上には藤原恭大、小園海斗(報徳学園)がいて、ボーイズリーグのタイトルを総なめにした同チームで野球の腕を磨いた。チームの中軸として活躍。

大阪桐蔭に入学したのも、藤原選手の存在が大きい。「目標にする選手の1人」で「同じ左打者として、フォームで盗める部分がないか常に観察している」という。

「スポンサーリンク」

夏の甲子園でベンチ入りした2年生は中野と宮本だけ

今夏の甲子園でベンチ入りした2年生は、主将となる中野と副主将となる宮本だけ。宮本君が準々決勝で途中出場したほかは出番がなかった。

新たに主将となる中野は「春夏連覇の喜びに浸る暇はない。自分たちの代は経験値が少ない分、練習の1分1秒を大事にしてうまくなっていくしかない」とコメントしている。

副主将となる宮本は「先輩たちのような実力はないから、危機感を持って戦う。相手の嫌がる野球で勝ち上がって、全員で甲子園に優勝旗を返しにいきたい」と意気込む。

「スポンサーリンク」

1年秋以降、外野手として出場を果たす

もともとは内野手であるが、昨秋以降、藤原選手が膝の治療に専念していたため、外野手としての出場機会を与えられた。〝試合に出るために〟本格的に外野の練習をはじめた。台湾遠征では外野手として形になってきたという。全4試合フル出場し、1番打者打率4割と躍動した。

次世代を担う宮本に中川主将も期待

中川主将「2年生はどちらかというとおとなしいんです。…ガツッと言える立場の人間がいないといけないなって。それを宮本涼太に期待してしまいます。宮本も変わろうと必死にやっているので、今は自分たちがどれだけサポートできるかも大事だと思っています」

宮本涼太選手「中川さんたちは経験もあって言うことに説得力がある。すごい先輩たちばかりを見てきたからこそ、自分たちは何をすべきかを考えて、まずは夏にベンチ入りしていろいろなことを経験したいです。」と語る。

「スポンサーリンク」

大阪桐蔭・宮本涼太プロフィール・経歴

内外野手 右投左打
175cm/75kg
枚方ボーイズ- 大阪桐蔭
大阪府寝屋川市立第一中学校出身
中学1年
2014年ボーイズ選手権大会(優勝)
中学2年
2015年ボーイズ春季全国大会(優勝)
2015年ボーイズ選手権大会(ベスト4)
2015年ジャイアンツカップ(1回戦)

スポンサー リンク