【沖縄キャンプは2軍】木馬の王子様 吉田輝星、それを見つめる柿木蓮・万波中正

木馬にまたがる吉田輝星、見つめる柿木蓮・万波中正

日本ハムのドラフト1位・吉田輝星(18=金足農)が1月17日、ドラフト新入団選手(高校生)とJRA競馬学校35期生の7人との交流会に参加した。写真はスポニチから。

吉田は、木馬での初めての乗馬体験に「凄く低い体勢だったので足にきた。ウエートをやった後なので凄く疲れました」とコメントした。

2軍スタートとなる春季キャンプ。キャンプ地・沖縄に行くのは初めてだという。「(沖縄のイメージは)マンゴー? シークワーサーは好きですね。食べてみたいです」と語る。約1カ月となるキャンプ生活へは「枕ですね」と相棒を決めた。

「場所は関係ない。(2軍キャンプ地の沖縄)国頭でしっかり体をつくって、(2月16日に行われるプロ初実戦となる)紅白戦でしっかりと投げられればと思う。甲子園と同じくらいの調子に戻して、変化球もしっかり練習していければ。紅白戦に合わせて体をつくっている。紅白戦で全てを出し切るつもりでやっていきたい」

スポンサー リンク