【ライバル争い】中日ドラゴンズ 根尾と京田、ショート定位置争いの行方

中日ドラゴンズ 根尾と京田、ショート定位置争いの行方

中日ドラゴンズの2019年シーズン、「ショート」のポジション争いに注目が集まる。

これまでショートは京田陽太がその定位置を守っていたが、ドラフト1位指名の大阪桐蔭・根尾昂が「野手一本」と宣言。

今後シーズン開幕までのキャンプやオープン戦での両者の定位置争いにスポットが当たる。

キャンプで根尾と同部屋を希望

京田陽太は、2月からの沖縄キャンプで根尾との同部屋を希望している。中日では若手は基本的に2人部屋となる。

京田は、「(根尾と部屋が)一緒じゃないですか。全然いいですよ」とコメント。「僕も根尾君がリラックスできるようにしてあげたい」と高卒ルーキーのサポートを宣言した。

炭酸シャワーも使っていいぞ

さらに京田は、「炭酸シャワーです。(現2軍コーチの)荒木さんが愛用してて、僕も使い始めました」と語り、風呂好きで有名な根尾昂にもこの炭酸シャワーを自由に使わせる方針をしめした。

根尾には「課題図書」を

読書家で有名な根尾。京田は根尾に注文をつけた。

「沖縄に持っていくべき『課題図書』を教えてほしい」。

今年は野球に関するさまざまな本に手を出したが、1冊しか読了できなかったという。

「論語(渋沢栄一著「論語と算盤」)でしたっけ。野球に直接関係なくても何かヒントがあるかもしれない」と語った。