【注目投手】日大三高 広沢優、最速148キロの長身右腕|井上広輝・廣澤優・平野将伍のエース争い

日大三高 広沢優、最速148キロ

2018年夏、甲子園の舞台で躍動したのは日大三高の廣澤優だ。

龍谷大平安戦に先発し、自己最速を2キロ更新する148キロを投げ込んだ。

5回を2安打2失点の好投をみせ、注目を集めた。

身長は189センチだがまもなく190に届く。

球速は、高校1年生の秋は「133キロくらい」だったが、この冬の強化練習で体幹や下半身のトレーニングを積むことで、2018年の夏の西東京大会前の練習試合で146キロに球速を伸ばしていた。

「スポンサーリンク」

2年生の井上広輝は最速150キロを記録

甲子園・2回戦の奈良大付戦では、井上広輝が自己最速を3キロ更新する150キロをマーク。

エースの座は誰に

日大三では、最速150キロを誇る井上広輝、さらに190センチ右腕で最速148キロの広沢優投手(2年)の存在が知られている。

ここに加えて、最速146キロの平野将伍にも注目だ。夏の甲子園ではメンバーを外れたが、西東京大会ではチーム初戦の杉並戦に先発。小倉全由監督が「打撃もいいんです」と投打ともに大きな期待を寄せているという。

「スポンサーリンク」

最速148キロを記録:龍谷大平安戦の広澤優

春・関東大会の廣澤優

スポンサー リンク