【現在・その後】阪神・西岡剛、栃木ゴールデンブレーブスへ入団へ/戦力外通告・トライアウト

阪神・西岡剛、栃木ゴールデンブレーブスへ入団へ

阪神に18年シーズン後に戦力外通告を受けた西岡剛が、独立リーグ・栃木ゴールデンブレーブスへ入団することが決まった。3月12日に発表された。

背番号は「1」。栃木県小山市で18日に記者会見する予定となる。

栃木GBは小山市を拠点に活動している。昨季は村田修一・現巨人ファームコーチ(38)が在籍し、話題となった。今季は昨季限りで巨人を引退した寺内崇幸監督(35)が指揮を執る。

村田修(現在・巨人ファームコーチ)に続く大物が独立リーグにやってくる。西岡は大阪府出身、大阪桐蔭から2002年ドラフト1位でロッテに入団。元侍ジャパン日本代表。

プロ通算成績は、打率2割8分8厘、1191安打、61本塁打、383打点、196盗塁。

主要タイトルとして、首位打者と最多安打を1回、盗塁王2回、ベストナイン4回、ゴールデングラブ賞を3回獲得した。

▷戦力外通告その後の選手動向一覧

スポンサー リンク