【沖縄県で初】沖縄工業野球部を高野連が表彰、火事の消化活動で延焼防ぐ

沖縄工業野球部を高野連が表彰、火事の消化活動で延焼防ぐ

沖縄県高野連は2019年2月5日、昨年10月に那覇市松川で発生した民家火災で、消火活動などに取り組んだ「沖縄工業高校野球部」に日本高野連からの善行表彰を伝達した。県内での善行表彰受賞は初めて。

消化活動の概要

昨年10月21日午前11時すぎ、沖縄工業の野球部は練習中に煙の臭いに気付き、学校に隣接する民家の2階から火が出ているのを発見。

練習を中断し、主将の知念聖太を中心に、2年生部員37人で消火活動に取り組んだ。消防車を誘導する班や、ホースを使って校内の消火栓から放水する班などに分かれ、延焼を防いだ。

スポンサー リンク