【高野連が表彰】沖縄工業の野球部2年生37名が消火活動で貢献

沖縄工業、野球部2年生37名が消火活動で貢献

日本高校野球連盟は11月7日、野球部員による善行2件を表彰を決定した。

沖縄工業(沖縄)は、10月21日に発生した民家火災で、2年生部員37人が消火活動や消防車の誘導などを行った。

また、奈良情報商業(奈良)の野球部員(当時2年生・現在3年生)2人は2月11日、近鉄桜井駅で線路に転落した男性を反対側ホームから駆け付けて救助した。

「スポンサーリンク」


消火活動で活躍

那覇市消防局(島袋弘樹局長)は10月22日、野球部に感謝状を贈った。消火活動に当たった2年生の部員が出席した。

島袋局長は「見事なチームワークが功を奏した。勇気ある行動は市民の模範だ」とねぎらい、野球部の今後の活躍を期待した。ほかに記念品や野球ボールが贈られた。

キャプテンの知念聖太さん(17)は「野球だけではなく、地域に貢献して応援されるチームを目標に活動してきた。これからも頑張っていきたい」とあいさつ。甲子園出場を目標に掲げ「応援されるチームに一歩近づけた」とはにかんだ。

スポンサー リンク