【夏の足跡】大阪桐蔭vs浦和学院、根尾・藤原のアベック弾|甲子園・準々決勝 写真レポート

大阪桐蔭vs浦和学院、準々決勝 写真レポート

第100回目の夏の甲子園・準々決勝。

大阪桐蔭が浦和学院に11−2で勝利。根尾、藤原、石川がホームラン。藤原恭大はMAX。柿木は安定感が増す。一塁コーチャーを務める代走・奥田の本塁への巧みなスライディング。三塁コーチャーの俵藤、浦和学院へのスプレー。王者、その言葉を体現するようなチーム。

浦和学院、蛭間主将は最後は涙でした。躍動した投手・渡邉は一時不登校の過去も、蛭間が彼を支えました。チームを引っ張りベスト8進出。見るものに感動を与える規律正しさ。応援されるチームというのはこういうチームなんだろうと。秋、春、関東大会、そして夏。感動をありがとう!

※読み込みに少し時間がかかります。


「スポンサーリンク」


「スポンサーリンク」


「スポンサーリンク」


「スポンサーリンク」

【スポンサードリンク】