【注目選手】大阪桐蔭 藪井駿之裕主将 「甲子園に飢えている」タレント集団をまとめるキャプテン

大阪桐蔭 藪井駿之裕主将/タレント集団をまとめる男のプロフィールとは

2020年の大阪桐蔭を率いる主将は、藪井駿之裕(やぶいしゅんのすけ・3年)。「このチームは甲子園に飢えている」と西谷監督は語る。今のメンバーは、これまでまだ誰ひとり甲子園でのプレー経験がない。

主将として、春夏の甲子園がなくなった名門チームを率いる。身に着ける手袋は、3学年上の福井章吾(慶大)から代々の主将に受け継がれ、右に「主将力」、左に「日本一」と刺しゅうされている。



2020年甲子園交流試合では決勝タイムリー

2020年甲子園交流試合・東海大相模戦 8月17日(月)
東海大相模 2-4 大阪桐蔭
東海大相模|000|000|200|2
大阪桐蔭|100|000|12x|4

8回裏 2-2の同点で迎えた場面で、打席にたった藪井駿之裕は、粘りに粘って、レフト線ギリギリに落ちる2点勝ち越しタイムリーを放つ。魂のこもった一打だった。その直後、テレビ中継では、保護者席のお母さんが映し出された。

試合後、西谷監督は「野球の神様が(藪井主将に)回してくれた。・・・天然なところもあるし、真面目。すごいキャプテンシーがあるかと言われると、そうでもない」と冗談を交えながら「大阪桐蔭の歴史に残る主将になった」とコメントした。



藪井駿之裕(大阪桐蔭)プロフィール・出身・経歴

読み方:やぶいしゅんのすけ
誕生日:2002年6月2日
50mタイム:6.3秒
出身中学:摂津市立第五中学校
所属チーム:大東畷ボーイズ
趣味:漫画を読むこと
好きな野球選手:藤原恭大
好きな球団:巨人
将来の夢:プロ野球選手
好きな食べ物:肉
苦手な食べ物:なし
好きなタレント:西野七瀬
ニックネーム:ブライアン

スポンサー リンク